「rpa ロボ」に関するIT製品を表示しています。

「rpa ロボ」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation、ソフトウェアロボットによる業務自動化)とは、人間の作業を自動化する仕組みのこと。異なるシステム間のデータやExcelの転記作業などを「ミスなく、素早く、正確に」行うため、働き方改革の一助になるという期待は大きい。

「rpa ロボ」に関する記事情報

ITに戸惑う現場の気持ちを180度変えたRPA導入事例集

ある企業ではRPAロボットの8割を事業部門の従業員が開発している。また別のある企業では2000人の従業員が高いモチベーションで業務改善に取り組んでいる。

「UiPath 2022.4」はクラウドでのロボット実行が可能に

「UiPath 2022.4」が提供された。RPA実行環境としてmacOSをサポートした他、クラウドでもRPAを実行できるようになった。

クラウドRPAの基礎知識 サーバ型との違い、メリット、テレワークへの効用

「RPAの予算や人材を確保できない」「テレワークでロボットを管理しにくい」といった課題の解決策として「クラウドRPA」が提示されるようになった。クラウドRPAと一口に言ってもさまざまな形態のサービスが存在する。オンプレミスのサーバ型とは何が違うのか。どのようなタイプがあり、メリットやデメリットは何か。基礎知識を紹介する。

RPAが乗っ取られてシステムが破壊される――ロボット時代のセキュリティに不可欠なものとは

RPA(Robotic Process Automation)やクラウド利用が進む中、「管理者権限の乗っ取り」というリスクが浮上している。これに対処する方法は。

「rpa ロボ」に関するIT製品情報

純国産RPAソフト「Robo-Pat DX(ロボパットDX)」

株式会社FCEプロセス&テクノロジー

日本企業のDX実現に貢献する多彩な機能を備えたRPA

RPAツールのリプレースで、全社展開と運用効率化を実現

株式会社日立ソリューションズ

定型業務の自動化に役立つRPAだが、部門ごとに複数のロボットを導入する場合、一元管理を行えていないとさまざまな問題が発生する。RPA導入企業の事例から解説しよう。

システム運用には「RPA」より「RBA」? 3ステップで進めるシステム運用自動化

株式会社野村総合研究所

システム運用の負担減のためRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を検討するケースがあるが、自動化対象が限定的だ。システム運用に適した自動化の3ステップと、「RBA(ランブック・オートメーション)」について紹介する。

RPA、企業がはまりやすい落とし穴と対処法――セキュリティが鬼門に

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)は適切な導入戦略と環境があれば効果を発揮するが、決して魔法のつえではない。さらに活用を進める上ではセキュリティリスクなどにも気を付ける必要がある。RPA導入で企業がはまりやすい落とし穴と対処法とは。

大規模環境でのRPA導入は要注意、ロボット管理で直面する「6つの課題」とは?

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

複数部門や全社でのRPA活用を進める企業が増えているが、ロボットの数が増える大規模環境では、小規模環境とは違う課題が生まれる。管理面で解決すべき6つの課題を解説するとともに、それらを網羅的に解決するソリューションを紹介する。

「rpa ロボ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。