「rpa 導入 作業」に関するIT製品を表示しています。

「rpa 導入 作業」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation、ソフトウェアロボットによる業務自動化)とは、人間の作業を自動化する仕組みのこと。異なるシステム間のデータやExcelの転記作業などを「ミスなく、素早く、正確に」行うため、働き方改革の一助になるという期待は大きい。

「rpa 導入 作業」に関する記事情報

ダイキンがRPAで年間10万時間を自動化、対象作業で分かる全社展開のコツ

ダイキン工業はRPA(Robotic Process Automation)の導入から約1年半という短期間でRPAの全社展開を成し遂げ、累計10万時間分の手作業を自動化した。複数部門の業務自動化やAI-OCRとの連携に工夫があった。

中堅中小企業にRPAが普及する日はくるのか

「RPAを開発できる人材がいない」「RPA化できるだけの大量の定型作業がない」「コストをかけられない」といった理由で、中堅中小企業にとってRPA導入のハードルはまだまだ高い。この課題に対する解決策を各ベンダーが打ち出し始めた。ざっくりと、どのようなものがあるのかを見ていきたい。

「過剰な期待」に終わらない、現実的なRPA活用の極意

大企業のみならず、中堅・中小企業においても「RPA(Robotic Process Automation)」による業務の自動化に期待が集まっている。だが、「RPAを導入すれば、無駄な手作業が簡単になくなる」というわけではない。市場調査データを分析していきながら、「こんなはずではなかった」とならないためのRPA活用の留意点について見ていくことにしよう。

RPA活用で20人×10日の作業が1日に、離職率も低下……3つの先進的な導入事例

「RPAを一度導入してしまえば、手放せなくなる」――そう強調するアビームコンサルティングが、RPA業界の動向や同社の知見を発表した。本稿では、同社が指揮したRPAの特徴的な導入事例や企業の導入状況を紹介する。

RPAブームに乗れている? システム化できない単純作業の救世主が現れた

「RPA」とは、バックオフィスをはじめとする人間の業務を自動化する仕組みだ。NTTデータが語った昨今の動向や導入のポイント、同社の取り組みなどを紹介する。

「rpa 導入 作業」に関するIT製品情報

RPAの導入で集計作業を8時間から18分に短縮するなど効率化を実現

株式会社FCEプロセス&テクノロジー

定型業務を自動化できるRPAだが、システム部門主導で導入を進めても社内への定着は容易ではない。RPAを社内に定着させ、業務効率化を実現した企業の事例を紹介しよう。

RPAのテンプレート活用で、経理部門の6つの業務を平均80%削減可能

株式会社日立システムズ

手作業のルーティンワークが多い経理業務は、RPA化で劇的な業務効率化が望めると注目されている。標準化対象の選定やPoC(概念実証)など、本運用までの道のりが意外と険しいRPA導入を、手軽に短期間で可能にするものはないだろうか。

RPAで定型業務の作業時間を8割削減、横河電機の事例に学ぶ導入の秘訣とは?

TIS株式会社

ERPなど間接業務の増大が課題となっていた横河電機は、業務標準化による生産性向上と高付加価値業務へのシフトを目的に「RPA」の導入を決意する。定型業務の作業時間を8割削減したという同社の事例から、RPA導入の秘訣を探る。

「rpa 導入 作業」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。