「rpa 比較 企業」に関するIT製品を表示しています。

「rpa 比較 企業」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation、ソフトウェアロボットによる業務自動化)とは、人間の作業を自動化する仕組みのこと。異なるシステム間のデータやExcelの転記作業などを「ミスなく、素早く、正確に」行うため、働き方改革の一助になるという期待は大きい。

「rpa 比較 企業」に関する記事情報

飛躍を見せるMicrosoft製RPA――市場の現状と自動化業務拡大の鍵

UiPathは、ホワイトペーパー「RPAの国内利用動向と業務自動化の方向性」を公開した。全社的な変革を重視する企業が多い一方で、RPAの適用は局所的にとどまっている。その原因と突破方法をアナリストが明かした。

あるツールをExcelマクロ代わりに使ったらDXが進んだ話

現代企業にとって共通の課題となるのが「デジタルトランスフォーメーション」。その文脈でRPAやAIなどといった技術の活用が語られるが、取材で聞いた企業では、RPAやAIでもないあるツールがDXを支える主力ツールになっているという。

ITに戸惑う現場の気持ちを180度変えたRPA導入事例集

ある企業ではRPAロボットの8割を事業部門の従業員が開発している。また別のある企業では2000人の従業員が高いモチベーションで業務改善に取り組んでいる。

三菱マテリアル、ジオテクノロジーズも推進、UiPathの「Fully Automated Enterprise」とは

RPAが普及期に入り、DXの一要素として全社的な業務の自動化を推進する企業も現れた。ユーザーは今、どのようにRPA活用を深化させることが正解なのか。UiPathの2023年度の事業戦略説明会でそのヒントが語られた。

RPA×iPaaSで“幻滅期”を脱する、日本企業のためのハイパーオートメーションの筋道

RPAの限界を乗り越え、ハイパーオートメーションを実現するための鍵としてiPaaSが期待を集めている。RPAとiPaaSを“かしこく”活用することで、日本企業ならではのハイパーオートメーションを実現できるという。

なぜRPAは期待はずれに終わるのか? しくじり企業から探る原因と対策

RPAの導入成果を上げる企業もあれば、「途中で断念した」「適用範囲が狭く、想定通りの効果を得られなかった」と嘆く企業も存在する。失敗企業と成功企業の差はどこで生まれるのか。

iPaaS(Integration Platform as a Service)の利用状況(2021)/後編

RPAによる自動化の範囲を拡大し、一気通貫の業務自動化を目指す「ハイパーオートメーション」の文脈でiPaaS(Integration Platform as a Service)の有用性がうたわれている。一部の企業は早くもRPAを補完するツールとして認知しているようだが、「プロセス自動化の業」とも言える不安要素があるようだ。

RPA導入成功と失敗の差はどこで生まれる? 導入企業から学ぶ“転落ポイント”

RPAと聞くと大きな期待を抱いてしまいがちだ。その期待が大きな理想を作り上げ、届かぬ夢で終わってしまう。RPAの成功軌道から転落せず、夢を現実のものとするにはどのような工夫が必要なのか。成功企業と失敗企業の後日談からコツを探る。

なぜRPA幻滅期の沼は深いのか――弱点から探る現実的な自動化の道

数年来のブームが落ち着き「期待外れ」の声もささやかれたRPAだが、メディアで取り上げられるような一部の企業でしか効果を出せないものなのか。導入ユーザーのコメントなどを基に、RPAが期待はずれと言われる“本当の理由”と、RPAをより賢く使うためのヒントを探る。

RPA離脱企業はここでハマった 「業務自動化しくじり企業」から学ぶ次善策

2016年から2018年にかけて徐々に利用が広がり、最近ではハイパーオートメーション分野での活躍も期待されるRPA。組織活用、スケールは一朝一夕ではかなわない。中にはRPA導入を途中で断念せざるを得ない企業もある。そうした“しくじり企業”はどこでつまづいたのか。

「rpa 比較 企業」に関するIT製品情報

WebアプリとRPAの活用で、手作業だったデータの入力工数を半減

SCSK株式会社

手作業によるデータ入力などの煩雑な作業を効率化するには、自動化が有効だ。基幹システム上の処理にかかる工数を自動化により大幅に削減できた企業の事例を紹介する。

RPAの導入で集計作業を8時間から18分に短縮するなど効率化を実現

株式会社FCEプロセス&テクノロジー

定型業務を自動化できるRPAだが、システム部門主導で導入を進めても社内への定着は容易ではない。RPAを社内に定着させ、業務効率化を実現した企業の事例を紹介しよう。

純国産RPAソフト「Robo-Pat DX(ロボパットDX)」

株式会社FCEプロセス&テクノロジー

日本企業のDX実現に貢献する多彩な機能を備えたRPA

RPAツールのリプレースで、全社展開と運用効率化を実現

株式会社日立ソリューションズ

定型業務の自動化に役立つRPAだが、部門ごとに複数のロボットを導入する場合、一元管理を行えていないとさまざまな問題が発生する。RPA導入企業の事例から解説しよう。

文字認識の自動化で帳票処理の手間を削減、RPAとOCRをスムーズに導入する方法

株式会社システナ

AIより導入難度が低いことから、企業規模を問わず導入が進むRPA。その数ある用途の中でも特に注目されているのが、OCRとの連携による文字認識の自動化だ。これらを組み合わせ、トータルな導入支援までサポートするサービスを紹介する。

「rpa 比較 企業」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。