「rpa 目的」に関するIT製品を表示しています。

「rpa 目的」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation、ソフトウェアロボットによる業務自動化)とは、人間の作業を自動化する仕組みのこと。異なるシステム間のデータやExcelの転記作業などを「ミスなく、素早く、正確に」行うため、働き方改革の一助になるという期待は大きい。

「rpa 目的」に関する記事情報

小樽市が「BizRobo!」を本格導入 決め手は?

北海道小樽市は2022年の6月にRPAテクノロジーズの「BizRobo!」を本格導入した。サービス導入の目的と決め手になったポイントは?

RPAの導入効果を高めるために 「取りあえず人気ツールを導入してみよう」がミスのはじまり

RPAの導入効果を得るためには、最低でも4つのポイントを押さえなければいけません。今回は、その内「RPAの導入目的を明確にする」「目的に応じたツールを選ぶ」の2点について専門家が説明します。「取りあえず人気のツールを入れてみよう」と考える企業は、逆に成功から遠ざかっている――?

「rpa 目的」に関するIT製品情報

RPAで累計13万2000時間の効率化、第一生命保険に学ぶ大規模環境への展開術

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

成長分野への人員再配置を目指す中期経営計画の一環として、働き方改革、生産性向上を目的にRPAを導入した第一生命保険。IT投資が遅れていた間接業務をRPAで自動化し、累計で13万2000時間もの効率化を実現した、その経緯に迫る。

年間3.5万時間もの社内業務削減を見込むサントリーはRPAをどう導入したのか

TIS株式会社

働き方改革のさらなる推進と、定型業務の自動化による高付加価値業務への人員シフトを目的にRPAを導入し、大きな成果を上げているサントリー。同社の事例から、RPA導入を成功させるヒントを探る。

RPAで定型業務の作業時間を8割削減、横河電機の事例に学ぶ導入の秘訣とは?

TIS株式会社

ERPなど間接業務の増大が課題となっていた横河電機は、業務標準化による生産性向上と高付加価値業務へのシフトを目的に「RPA」の導入を決意する。定型業務の作業時間を8割削減したという同社の事例から、RPA導入の秘訣を探る。

「rpa 目的」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。