「sase 違い」に関するIT製品を表示しています。

「sase 違い」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「sase 違い」に関する記事情報

デスクトップ仮想化の利用状況(2022年)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で社外から社内システムに安全にリモート接続する機会が増えた企業もあるだろう。その手法としてVDI(Virtual Desktop Infrastructure)、DaaS(Desktop as a Service)に焦点を当て、導入メリットや満足度などを紹介する。

iPaaS(Integration Platform as a Service)の利用状況(2021)/後編

RPAによる自動化の範囲を拡大し、一気通貫の業務自動化を目指す「ハイパーオートメーション」の文脈でiPaaS(Integration Platform as a Service)の有用性がうたわれている。一部の企業は早くもRPAを補完するツールとして認知しているようだが、「プロセス自動化の業」とも言える不安要素があるようだ。

iPaaS(Integration Platform as a Service)の利用状況(2021)/前編

近年、「iPaaS」(Integration Platform as a Service)という用語を頻繁に耳にするようになった。システム連携のコストや工数削減を実現するものとして、また業務自動化のあらたな一手として期待を集めているiPaaSの現在地をさぐる。

1日1時間を奪う、無意識にやっている業務生産性を落とすNG行動とは?

SaaS(Software as a Service)などデジタルツールの浸透によって、われわれは複数のアプリケーションを使い分けながら業務を進めている。さまざまなツールやサービスによって利便性は増したが、それによって犠牲にしているものがある。

SASEとは? ゼロトラスト、リーントラストとの関係と構成要素……各セキュリティ用語の概要と違い(2)

従来の境界型防御では対策しきれないリスクの増大を受け、新しいセキュリティの概念やフレームワークが提唱されている。ゼロトラストとリーントラストの違いやZTAとSASE、CARTAの概要を3回に分けて解説する。

ゼロトラスト、ZTA、SASE、CARTA、リーントラスト……各セキュリティ用語の概要と違い(1)

従来の境界型防御では対策しきれないリスクの増大を受け、新しいセキュリティの概念やフレームワークが提唱されている。ゼロトラストとリーントラストの違いやZTAとSASE、CARTAの概要を3回に分けて解説する。

Microsoft Azure ADとAzure AD Premiumの違いとは? 導入企業が注目する機能6選

Microsoft 365のIDaaS(IDentity as a Service)である「Microsoft Azure Active Directory」。クラウド型ユーザー認証基盤として知られるが、Azure ADの他にもAzure AD Premiumという上位サービスも存在する。互いに何がどう違うのか。

「as a Service」でPCの“お守り”から解放された情シスの役割はどう変わるのか

Device as a Serviceは単なる「モノ」の提供ではない。つまりPC運用を「as a Service化」することで何がどう変わるのか。PCの“お守り”をしてきた情シスの役割はどう変化するのか。

「モノの管理」から「ユーザー中心の管理」へ、Device as a ServiceでIT管理者はどこまでラクになるのか

Device as a ServiceはPC運用を簡素化するだけでなく、IT担当者を「モノの管理」から解放する手段でもある。Device as a ServiceでIT管理者はどこまでラクできるのか?

「PC調達は投資」の時代はもう終わり? Device as a ServiceはPC運用の在り方をどう変えるのか

今まではPCを必要分だけ一括調達して使い回していた。しかし、人材の流動性が高い現代において、従来のPC運用はマッチしていない。現代におけるPC運用の在り方とは。そして、Device as a Serviceは今までのPC運用をどう変えるのか。

「sase 違い」に関するIT製品情報

RPAの「as a Service」化、botストアの登場――RPAの内製化を助ける最新情報

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

RPA(Robotic Process Automation)を導入した多くの企業が、その内製化に課題を抱える。クラウド環境でもロボットを展開・活用できる「RPA as a Service」や、ロボットのテンプレートをダウンロードできるbotストアが解決策になるという。

運用管理の負担ゼロ、ユーザーに「常に最新PC環境」を提供できるデバイス調達術

横河レンタ・リース株式会社

SaaSのハードウェア版ともいえる、新しいPC運用の形を提示するDevice as a Service。“as a Service”の本質や、この運用方式が求められる背景とともに、メリットを享受するために企業側で必要な準備について解説する。

中小企業のRPA導入ハードルを一掃、「RPA as a Service」のメリットとは?

SB C&S株式会社

中小企業でRPA導入が進んでいない大きな要因は、運用負荷とそれにまつわるコストにある。そのハードルを取り払うべく生み出されたのが、RPAをクラウドサービスとして利用できるようにした「RPA as a Service」だ。

Microsoft×VMwareで実現、Azure特化のクラウド型仮想デスクトップは何が違う?

ヴイエムウェア株式会社

仮想デスクトップ運用における工数・コスト削減に大きな効果を発揮する「DaaS(Desktop as a Service)」。その中でも、Microsoftが提供するOffice 365などのクラウドサービスとの連携性に優れ、グローバル展開もしやすい選択肢とは?

IaaS比較は落とし穴ばかり 大手含む12のIaaSベンダーを比較

日本オラクル株式会社

IaaS(Infrastructure as a Service)ベンダー選びは難しい。復旧性、ハイブリッドクラウドのサポート、データサービスなど、機能を慎重に評価する必要がある。大手含む12のIaaSベンダーの主な特徴をまとめた。

「sase 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。