「ssa とは」に関するIT製品を表示しています。

「ssa とは」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ssa とは」に関する記事情報

ダイキンがRPAで年間10万時間を自動化、対象作業で分かる全社展開のコツ

ダイキン工業はRPA(Robotic Process Automation)の導入から約1年半という短期間でRPAの全社展開を成し遂げ、累計10万時間分の手作業を自動化した。複数部門の業務自動化やAI-OCRとの連携に工夫があった。

古河電工がSAPで基幹業務システムを刷新 属人化したシステムを一元管理

古河電工は、販売・会計・購買システムを、「SAP S/4HANA」や「SAP for Mill Products」「SAP Ariba」で刷新した。新システムの導入に当たっては、「富士通版Activate」や富士通のノウハウを活用した。

マネーフォワードケッサイ、凸版印刷と業務提携 企業間決済サービスで経理DX

マネーフォワードケッサイは、凸版印刷に請求・決済代行のサービス基盤を提供する。凸版印刷は2022年4月1日から、同サービス基盤を活用して「t-billing powered by Money Forward Kessai」の提供を開始する。

「投資対効果」ではない DXに効く自動化対象業務の選び方

RPA(Robotic Process Automation)を適用する業務を選ぶ際に「投資対効果が高い大規模な業務を選定すべき」というのが定説だが、DXを見据えて自動化プロジェクトを推進するならば別の視点が必要だ。

RPAの導入状況(2021年)/後編

RPA(Robotic Process Automation)がブームになった当初は、現場が草の根的に導入し、成果を出せることが話題となったが、現実は簡単ではないようだ。読者調査から読み解く。

RPAの導入状況(2021)/前編

幻滅期を抜けたとされるRPA(Robotic Process Automation)だが、導入状況はどう推移しているのか。テレワークへのシフトが急激に進んだ今、RPAの導入や活用にどのような影響が出ているのか。「RPAの今」を読者調査から読み解く。

IBMがプロセスマイニングの会社を買収、狙いは

IBMは、プロセスマイニングソフトウェアを手がけるイタリアのmyInvenioを買収することで同社と最終合意した。買収が完了し次第、IBMはmyInvenioの機能を、IBM Cloud Pak for Business AutomationなどのIBMの自動化ツール群に統合する。その狙いとは。

RPA、読者が1番利用しているツールは? 実態調査

RPA(Robotic Process Automation)がもてはやされる一方、その課題や失敗事例もクローズアップされているが、実際はどうなのか。また、RPAを利用中の企業はどのベンダーのツールを使っているのか? 9つのツールの順位が明らかに。

RPAが乗っ取られてシステムが破壊される――ロボット時代のセキュリティに不可欠なものとは

RPA(Robotic Process Automation)やクラウド利用が進む中、「管理者権限の乗っ取り」というリスクが浮上している。これに対処する方法は。

AI-OCR、プロセスマイニング、 AI音声認識技術の基礎入門

RPA(Robotic Process AUtomation)の活用が進むにつれて関心を集める「AI-OCR」「音声認識技術」「プロセスマイニング」。何となく知ってはいる、聞いたことはあるけれど、本当に使えるの? 気になる方にぜひ読んでいただきたい基礎入門。

「ssa とは」に関するIT製品情報

RPA実態調査から見えた日本のトホホな状況――「ロボットが止まる」の声も

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

2017年ころから盛り上がりを見せるRPA(Robotic Process Automation)。成功事例を耳にする機会も増え、熱い視線を集めているが、日本の導入状況は世界と比較しても進んでいるとはいえないようだ。さらに導入企業からは具体的な課題も上がっている。アンケート調査から見えてきた真実とは。

RPA導入率3倍の裏で企業が悩む深刻な課題――「人材不足で開発できない」の声も

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

年を追うごとにRPA(Robotic Process Automation)の導入率は確実に向上しているが、利用企業からは課題も挙がる。導入初期やトライアル、本格展開にはどのような壁があるのか。アンケート調査から見えてきた真実とは。

RPAの「as a Service」化、botストアの登場――RPAの内製化を助ける最新情報

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

RPA(Robotic Process Automation)を導入した多くの企業が、その内製化に課題を抱える。クラウド環境でもロボットを展開・活用できる「RPA as a Service」や、ロボットのテンプレートをダウンロードできるbotストアが解決策になるという。

米国医療機関が電子カルテ更新に合わせて無線LAN製品をアップグレードした理由

日本ヒューレット・パッカード合同会社

16万人の医療を支えるMCH Odessaは、増え続ける接続数をカバーするため、無線LANの刷新に踏み切った。ただ、来院者だけでなく職員も利用するため、クリティカルなアプリケーションもサポートする必要があるが、どう乗り切ったか。

機械学習ソリューションを無償体験 「AIソフトウェアお試しサービス」

日本情報通信株式会社

企業の実データを利用し「IBM Power AI Vision」や「H2O Driverless AI」を使って学習/分析したDeep Learning結果を無償で評価できるサービス。

「ssa とは」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。