掲載日:2021/12/01 更新日:2021/12/01

【Webセミナー】電子帳簿保存法対応による間接業務のDXを実現する方法

セミナー概要

~SAP Concur Expense Standard導入の効果~

2022年1月から施行の電子帳簿保存法(電帳法)改正により、領収書・請求書のスキャナ保存要件が大幅に緩和され、ますますデジタル化しやすくなります。とくに経費精算領域の電帳法対応は単なるペーパーレス化ではなく、全社員が利用する背景からテレワーク推進などの働き方改革にもつながる「間接業務DXを実現する方法」といえます。

本セミナーでは「電帳法対応」と「間接業務DX」に焦点をあて、SAP Concur Expense Standardの導入効果についてデモンストレーションを交えて紹介します。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

■対象者
・経営者さま
・経営部門ご担当者さま
・経理部門のご担当者さま

セミナーに申し込む

外部サイトに移動します

  • 開催日
    2022/01/19(水)13:00~14:00 申込締切2022/01/17(月)
  • 開催場所
    オンラインセミナー
  • 主な対象部門
    情報システム部の統括
    経営者CIO
    全社スタッフ
  • 主催・共催
    株式会社日立システムズ
  • 参加費 無料
  • 定員 50名

プログラム

13:00〜13:05

ご挨拶

13:05〜13:15

第一部:電子帳簿保存法改正に対応する有効なアプローチの紹介

本講演では、電子帳簿保存法改正についてのポイントを紹介します。

講師:株式会社コンカー

13:15〜13:35

第二部:SAP Concurで実現する電子帳簿保存法対応と間接業務DXの推進

本講演では、電子帳簿保存法に関するSAP Concurの機能と間接業務DXの推進について紹介します。

講師:株式会社日立システムズ

13:35〜13:55

第三部:SAP Concurのデモンストレーションと日立システムズの関連サービスの紹介

本講演では、SAP Concurのデモンストレーションと、日立システムズが提供するサービスについて紹介します。

講師:株式会社日立システムズ

13:55〜14:00

質疑応答、アンケート

セミナーに申し込む

外部サイトに移動します

主催・共催

株式会社日立システムズ

掲載企業

株式会社日立システムズ

URL https://www.hitachi-systems.com/