純国産BIツール「WebQuery」

純国産BIツール「WebQuery」

直感的な条件設定や抽出したデータをさまざまな形式に出力することが可能な純国産BIツール。開発から保守まで自社で行っているため導入後のサポート体制も安心。

  • スケジュール管理
  • アクセス制御
  • ログ管理

WebQueryはユーザーが直感的に操作できる純国産のBIツール。SQLの知識がなくてもドラッグ&ドロップで簡単に検索条件が設定できるため、業務ユーザーによるデータ活用を推進したい企業に最適なツールだ。またDBを直接参照する構成でシステム部門の運用負荷を軽減するとともに、リアルタイムのデータの閲覧することができる。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

経営層からエンドユーザーまで使える!KSC BI製品のご紹介(3.29MB)
株式会社システムコンサルタントのBIツールの紹介資料。「BIツールで何ができるか?」を簡単に解説しています。
BIツール選定フロー 最大限ツールを活用するためのポイント(328KB)
これからBIツールを選定する方に、何を気にして選定を進めるべきかポイントを絞って紹介した資料です。
新しいツールを探す前に確認したい!BIツール移行の手引き(402KB)
BIツールの移行を検討している方に、移行時に気を付けるべきポイントを紹介した資料です。
ユーザー教育事例集 BI製品リプレースにおける教育のポイント(422KB)
社内のデータ活用推進に課題を感じられている方、また他社がどの様に教育を実施しているか参考にしたい方は是非ご活用ください。

導入実績多数、シンプルな操作の純国産セルフBIツール

WebQueryは1998年の販売開始からさまざまな業種の業務に使用されている純国産のBIツールだ。

SQLに詳しくないユーザーでもドラッグ&ドロップで条件を設定でき、処理を登録しておけば処理の実行をワンクリックで実現。
DBを直接参照することでリアルタイムデータの確認できるとともに、キューブの管理が不要なためシステム管理者にとってはツール管理の負担が軽減されるメリットがある。またアクセス制御/監査証跡ログなどのセキュリティや純国産ゆえのサポート細やかさによって安心して利用できる。

【選ばれる理由】
■直感的に操作できる
画面上で必要な項目を選択し条件を設定すれば、SQLを書かなくても欲しいデータを誰でも抽出できる。また処理を登録しておけばデータ抽出や帳票作成をワンクリックで実行。

■リアルタイムのデータを抽出・可視化できる
「いま」の情報を知るために、データベースを直接参照。キューブを構築しないため、キューブをメンテナンスする必要なし。

■安心してデータを利用できる
データの公開範囲をグループごと、ユーザーごとなど細かく制御できる(アクセス制御)。また監査証跡ログにより「いつ/誰が/どんなデータに」アクセスしているかを記録可能。

■決められた時間に処理を自動実行できる
スケジュールを設定すれば定型化された処理を決められた時刻に自動実行できる。

■純国産だからこそ安心のサポート体制
開発から保守まで一貫して自社で行っている純国産BIツールのため、安心して製品を利用できる。また専門の講師によるセミナーを毎月開催することでユーザーの教育をサポート。

純国産BIツール「WebQuery」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート 電話サポートあり
サポートエリア 全国
こだわりポイント スケジュール管理、アクセス制御、ログ管理
導入実績 1001社~
  • 特典
  • 無料トライアル

仕様

メーカー システムコンサルタント
クライアント側OS Windows
※詳細バージョンはHPを参照
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 Internet Explorer / Google Chrome
※詳細バージョンはHPを参照
サーバ側OS Windows Server / Red Hat LINUX
※その他OS、詳細バージョンはHPを参照
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 100MB以上
※ログ領域などは含まない
サーバ側その他動作環境 【対応Webサーバー】
IIS / Apache
※詳細バージョンはHPを参照
その他特記事項 -

価格情報

お問い合わせください。

掲載企業

株式会社システムコンサルタント
URL:https://www.ksc.co.jp/bi/?utm_source=keymansnet&utm_medium=referral&utm_campaign=external_website

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

経営層からエンドユーザーまで使える!KSC BI製品のご紹介(3.29MB)
株式会社システムコンサルタントのBIツールの紹介資料。「BIツールで何ができるか?」を簡単に解説しています。
BIツール選定フロー 最大限ツールを活用するためのポイント(328KB)
これからBIツールを選定する方に、何を気にして選定を進めるべきかポイントを絞って紹介した資料です。
新しいツールを探す前に確認したい!BIツール移行の手引き(402KB)
BIツールの移行を検討している方に、移行時に気を付けるべきポイントを紹介した資料です。
ユーザー教育事例集 BI製品リプレースにおける教育のポイント(422KB)
社内のデータ活用推進に課題を感じられている方、また他社がどの様に教育を実施しているか参考にしたい方は是非ご活用ください。