レポート

Denodo Technologies株式会社

Denodo Technologies株式会社

いまだ根強いセキュリティ懸念、調査で見えたクラウド活用の「8つの真実」

データ中心ビジネスにおいて既に不可欠な存在となっているクラウドコンピューティング。一方で、セキュリティとガバナンスについての懸念はいまだ拭い切れていない。調査結果を基に、クラウド活用に関する8つの実態を解説する。

要約

 クラウドコンピューティングの重要性は、あらゆる組織にとって共通認識となった。実際、ある調査によると、36%の企業が移行途中の段階にあり、20%近くは既に導入/実装が済んだ段階にいるという。

 クラウドの運用形態としては、マルチクラウドとハイブリッドクラウドが約60%を占める結果となったが、これはコストの最適化と運用合理化というメリットによるものが大きいと考えられる。一方でクラウドの課題としては、規制やセキュリティの順守に関するものが多く、データソースの分散とサイロ化、スキルの欠如などが問題視されている。

 仮想データレイクやクラウド内アナリティクスなどにおいてAWS(Amazon Web Services)とMicrosoft Azureの需要が高まり、Kubernetesを使ったコンテナのオーケストレーションが急速に成長する中、企業はこうした課題にどう向き合っていけばいいのか。本資料では調査結果を基に、クラウド活用に関する8つの実態について、詳しく紹介する。

アンケート