事例

ワークスモバイルジャパン株式会社

ワークスモバイルジャパン株式会社

ビジネスチャットで業務改善、5社の事例から見る選定のポイントと導入効果

ビジネスのスピードアップが求められる今日、現場業務における情報伝達の精度とスピードを上げることが重要となる。その中で、ビジネスチャットの導入により効果を上げた企業5社の選定ポイントと、現場業務での活用事例を紹介する。

要約

 今日では、ビジネスのスピードは格段に早くなっている中、業務上における社内外とのコミュニケーションも精度向上とスピードアップが求められている。

 これらを向上させるためには、現場でのコミュニケーションの環境を改善させることが重要となるが、これまで長らく用いられてきた電話やメールでのコミュニケーションだけでは、「状況を素早く正確に伝えにくい」「時間や場所に制約を受ける」といった課題が挙げられる。そのため、電話やメールに続くコミュニケーションの手段として、ビジネスチャットツールの導入を検討する企業が増えている。

 そこで本資料では、現場でのコミュニケーションに課題を感じていたが、チャットツールを導入したことで、さまざまな効果を上げた企業5社の事例を紹介する。

 コミュニケーションに変化をもたらすことが、どのような現場業務の改善につながるのだろうか。導入したチャットツールの選定ポイントや、導入後に企業にもたらした効果を、ぜひ本資料で確認していただきたい。

アンケート