エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」

エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」

大企業の各種データをノーコードで連携。複数システムのジョブ管理やデータ連携を一画面で統合管理でき、運用工数とコストを削減できる。安全性と可用性にも優れている。

  • 高セキュリティ
  • 他システム連携
  • 保存データ暗号化
エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」

大企業の基幹システムをはじめ、さまざまなデータをノーコードでシームレスに連携できる。複数システムにまたがるジョブ管理やデータ連携を一画面で可視化・統合管理でき、複数のツールで状況を確認する必要がないため、運用効率化とコスト削減を実現できる。また、情報漏えいを防ぐ機能や、障害や災害に備える可用性も装備する。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

SaaS接続オプションのご案内(2.34MB)
対象のSaaS接続オプションをご契約の企業に、標準価格の年額60万円(税別)を50%オフの30万円(税別)でご提供いたします。
ACMS総合カタログ(4.99MB)
エンタープライズレベルのデータ連携をノーコードで実現し、企業のDXを支えるデジタル・ビジネス・プラットフォームを提供するDAL製品の概要をご紹介しています。
ACMS Apexカタログ(1.66MB)
ACMS Apexのエディション別の総合カタログです。ビジネスニーズに合わせて選べる3つのエディションをご用意しています。セキュリティや可用性についても解説。
ニューノーマル時代、現実解は全方位データ連携でのDX(748KB)
DXで生産性を上げるには? DALが提唱する「デジタル・ビジネス・プラットフォーム」の概念や構成、具体的に果たす役割、構築する効果やユースケースを解説しています。

企業内システムの様々なデータをノーコードで連携し統合管理可能

ACMS Apexは、企業の基幹システムや、SaaSで提供されるさまざまなサービス、そしてクラウド上のデータをシームレスに、ノーコードで連携できる。既存のアプリケーション資産を生かしつつ、単一のソフトウェアで安全性と可用性の高いデータ連携基盤を実現。

用途に合わせて柔軟に機能を組み合わせることで、戦略的なデータ活用の仕組みを容易に構築できる。

従来データ連携に利用していた複数のツールをACMS Apexに統一することで、運用・保守にかかわる工数とコストを削減し、運用負荷を軽減できる。

最新版では、AI(人工知能)を利用したOCR(文字認識)により、紙文書をデジタル化しデータ変換して業務システムへ連携できるペーパーレス自動化がオプションで搭載されるなど、データの連携と精緻化のニーズに対応する。

●統合管理

複数システムにまたがるジョブ管理やデータ連携を一画面で可視化・統合管理できる。ジョブ管理やファイル転送など複数のツールで状況を確認する必要がなく、運用業務を効率化できる。またライセンスや保守費用の削減にもつながる。

●情報漏えいを防ぐセキュリティ機能

・クレジットカード業界で会員情報を安全に取り扱うためのセキュリティ基準「PCI DSS」に準拠

・ファイル転送を行うことなくデータ連携が可能なので、データの散在を防げる

・データの保管・通信・連携の過程は暗号化されて行われる

・データの閲覧は権限のある担当者のみが行えるなど、データ操作の権限をきめ細かく設定可能

●障害や災害に備える可用性とデータ保全

処理プロセスやデータ格納領域の二重化に対応。統合管理サーバの障害時にも代替サーバに自動で切り替えて処理を継続する。システムを止めることなくモジュール入れ替えも可能だ。

●各種のデータ連携方法

さまざまな通信プロトコルやアダプター、Web APIを使った連携に対応する。オンプレミス/クラウドを問わず、分散配置されたサーバ間での連携が可能。

エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート 24時間サポート、電話サポートあり
サポートエリア 全国
こだわりポイント 高セキュリティ、他システム連携、保存データ暗号化
導入実績 1001社~

仕様

メーカー データ・アプリケーション
クライアント側OS 以下のブラウザが利用可能なWindows OS
Internet Explorer 11
Google Chrome 最新版およびその直前のバージョン
Mozilla Firefox 最新版およびその直前のバージョン
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 ブラウザ自体のサポートポリシーにつきましては、それぞれのベンダー公式サイト等でご確認ください。
OSでサポートされるInternet Explorerの詳細はマイクロソフトのサイトを確認してください。
サーバ側OS Red Hat Enterprise Linux
Microsoft Windows Server
IBM AIX※1
Oracle Solaris(SPARC)※1
Oracle Linux※1
HPE HP-UX※1
Amazon Linux 2

※それぞれの対応バージョンはお問い合わせください。
サーバ側対応プロセッサ OSが推奨するシステム要件を満たすプロセッサ
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上
サーバ側必要ディスク容量 100MB以上※2
サーバ側その他動作環境 下記「その他特記事項」をご参照ください。
その他特記事項 ※1 OSメーカーのJDK 8の利用が前提です。
※2 ACMS Apexを格納するために必要なリソースです。

サーバ側その他動作環境
管理DB用DBMS
■オンプレミス
 Oracle Database
 Microsoft SQL Server
 PostgreSQL
 MySQL
 FUJITSU Software Symfoware Server(Postgres)
 FUJITSU Software Enterprise Postgres
 EDB ※PostgreSQL(Open source database supported by EDB)のみサポート

クラウドにも対応しています。お問い合わせください。

価格情報

サブスクリプションモデル 2万4000円~(スタンダードエディション、基本機能)
買取モデル 60万円~(スタンダードエディション、基本機能)

データ・アプリケーションのビジネス・パートナーを通じて販売しています。
ビジネス・パートナーは、https://www.dal.co.jp/partner/ でご確認ください。

掲載企業

株式会社データ・アプリケーション
URL:https://www.dal.co.jp/products/di/apex/outline.html

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

SaaS接続オプションのご案内(2.34MB)
対象のSaaS接続オプションをご契約の企業に、標準価格の年額60万円(税別)を50%オフの30万円(税別)でご提供いたします。
ACMS総合カタログ(4.99MB)
エンタープライズレベルのデータ連携をノーコードで実現し、企業のDXを支えるデジタル・ビジネス・プラットフォームを提供するDAL製品の概要をご紹介しています。
ACMS Apexカタログ(1.66MB)
ACMS Apexのエディション別の総合カタログです。ビジネスニーズに合わせて選べる3つのエディションをご用意しています。セキュリティや可用性についても解説。
ニューノーマル時代、現実解は全方位データ連携でのDX(748KB)
DXで生産性を上げるには? DALが提唱する「デジタル・ビジネス・プラットフォーム」の概念や構成、具体的に果たす役割、構築する効果やユースケースを解説しています。