技術文書

Sansan株式会社

Sansan株式会社

見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を

デジタルマーケティングとしてメールの価値が見直され始めている。画一的な メール配信の効果が下がる一方だが、データを活用してメール配信をパーソナ ライゼーションできれば従来にない高い効果が期待できるという。

要約

見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を

 デジタルマーケティングの中でもメール配信の苦戦が著しい。2017年5月にB2B企業で働くビジネスパーソンに行った国内調査では、業務に役立ちそうな情報を探す時の情報源として「企業からのメールマガジン」と回答する人は「企業Webサイト」の約3分の1と大きく下回った。しかし、本当にメールは無力なマーケティングツールだろうか。

 米国でも2016年のメールキャンペーンの9割が失敗という惨たんたる状況が記録されているが、一方でメールへの投資額は毎年10%近い成長率が予測されている。この矛盾が生まれたのは、メール配信のパーソナライゼーションへの期待が高まっているからだ。配信メールを送信先一人一人に最適化できれば、顧客の購買意欲の高まりなどをタイムリーに捉えたマーケティングや、効率的なリードナーチャリングが実現できる。

 このパーソナライゼーションには、「顧客のセグメンテーション」「効果的なメッセージの創出」「文脈に応じた配信」の3つを行う必要がある。その土台となるのが、正確で網羅的な顧客データベースだ。本コンテンツでは、見直すべきメールマーケティング手法と、顧客データベースの重要性について詳しく解説する。

アンケート