レポート

レッドハット株式会社

レッドハット株式会社

ベンダーによる囲い込みを回避、クラウド移行におけるコンテナ戦略の最適解

多くの組織にとって、インフラのクラウド移行はもはや避けて通れない段階に来ている。そこで懸念されるのは、クラウドベンダーによる開発プラットフォームの実質的な囲い込みだ。これを回避し、自由な開発環境を手に入れる方法を探る。

要約

 クラウドの優れた可用性と高いセキュリティというメリットを得るため、現在多くの組織がオンプレミスからパブリッククラウドへのインフラ移行に関心を寄せている。既にアプリケーションや一部のワークロードはいち早く移行を済ませているケースも多いが、そこには懸念材料もある。

 それが、クラウドベンダーによるプラットフォームの実質的な囲い込みだ。特に開発環境においては今後、デジタルトランスフォーメーション(DX)を積極的に推進していくため、柔軟性と迅速性が不可欠になる。ベンダー固有のプラットフォームに縛られていては、こうした要件を満たす開発環境を構築できるかどうかは不確かなものとなるだろう。

 そこで、注目され始めたのが、クラウド間を横断的かつ一元的に運用できるオープンソースの共通コンテナプラットフォームだ。本コンテンツでは、クラウドファースト時代において、このコンテナプラットフォームが、アプリケーションのモダナイズとDXの推進にどのように貢献するのかを詳しく解説する。

アンケート