Webキャスト

日本ヒューレット・パッカード合同会社

日本ヒューレット・パッカード合同会社

1TBの仮想マシンのバックアップも1分以内に――最新HCIが変えた企業の運用環境

伸び悩む国内IT市場にあっても導入が進んでいる製品の1つがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。運用の属人化やバックアップ、現場への環境の展開などの課題を解決した国内企業事例から、最新HCIの効果を明らかにする。

要約

 国内のIT市場が全体的に伸び悩む中、毎年平均16%もの伸びを見せ、2019年には250億円規模になると予測されているのがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。海外ではアーリーアダプターによる導入段階を過ぎ、金融サービス業や米国中央省庁など保守的な組織でも導入が進んでいる。

 中でも国内で伸びている製品がある。関電システムソリューションズでは、社内コミュニケーション基盤の属人的な運用から脱却するため、仮想マシン中心型管理を実現しようと、あるHCI製品を導入した。従来は仮想マシンのバックアップを1つ取るにも、物理サーバや物理ストレージを特定しなければならなかったが、このHCIに移行したことで物理層を意識せずにバックアップなどの操作が可能になり、管理の所要時間は53%も削減された。

 バックアップの高速化という点でも効果は大きく、1TBの仮想マシンのバックアップが1分とかからず終了するようになった。圧縮・重複排除専用のハードウェアアクセラレータカードを内蔵するため、データの保存・圧縮をリアルタイムに処理できるからだという。本資料では、国内外の事例を基に最新HCIの驚くべき効果を紹介する。

アンケート