メディア
Special
» 2019年10月31日 10時00分 公開

RPAのリアルな疑問を解決 アンケート結果から探る「導入のコツ」とはRPAが「うまくいかない」を脱する近道

RPAの導入企業が増える一方、効果の算出や開発、運用などの局面で課題を抱えるケースが報告されている。RPAについて正しく理解し、導入するにはどうしたらよいのか。専門家が必ず押さえるべきポイントを語った。

[PR/キーマンズネット]
PR

 RPAツールを導入する、もしくは本格導入の検討を始めた企業が急増している。RPAとはRobotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーション)の略だ。一般的にはPCを使った単純な定型業務を、ソフトウェア型のロボットが人に代わって実行することを指す。

 RPAツールの必要性が高まっている背景には、「働き方改革関連法」が4月から施行された他、多くの企業が業務の効率化などの課題を抱えていることが考えられる。こうした課題を解決する手段の一つとして、RPAが注目されているのだ。

 アイティメディアのキーマンズネットがサイトの読者であるビジネスパーソンに「2019年のIT投資動向調査」を実施したところ、RPAへの投資を予定していると回答した企業の多さが目立った。一方で、導入する際の壁の高さや、運用の難しさを感じているなどの課題も浮き彫りになった。

 しかし、この調査結果を踏まえて、RPAについて誤解している人がまだまだ多いとして「コスト削減だけにとらわれて、RPA導入がもたらす効果を正しく理解していない可能性がある」と専門家は指摘する。アンケート結果を基に、多くの企業のRPA導入を指揮してきた専門家に導入のコツを聞いた。

※本稿は、ITmedia ビジネスオンラインからの転載記事です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部