メディア
Special
» 2020年05月19日 00時00分 公開

働き方改革/テレワーク時代、ビジネスをどう守るか?セミナー

[PR/キーマンズネット]

パンデミック、自然災害、巧妙化するセキュリティ脅威――

 新型コロナウイルスの猛威、台風、地震などの自然災害、高度化するセキュリティ脅威など、企業は常にリスクに取り巻かれています。さらに問題を深刻にしているのは、パンデミックも背景に、テレワークなどの実施が喫緊の課題となっていることです。

 これはすなわち、多くの企業で、情報漏洩やデータ消失、業務停止などのリスクがさらに高まっていることを意味します。テレワークなどにまつわる「企業が内包するリスク」と自然災害などの「企業を取り巻くリスク」――これらへの備えが企業の存続を分かつ状況と言えるでしょう。特に「VDIを使っている」、あるいは「VPNを使っている」場合も、それだけでは安心できないことを知っているか否かで大きな違いが生じます。

 では、限られた予算と時間で「今すぐ」対策を打つにはどうすれば良いのでしょうか?――本セミナーではBCPの有識者をゲストに招き、事業継続/データ保護の鉄則を解説。さらに企業規模や状況に応じた具体的対策を「稟議の上げ方」とともに徹底解説します。

このセミナーで分かること

  • 安全にテレワークを実践するには?
  • テレワークを始めたが、セキュリティを確実に担保するには?
  • 万一、データが消失・漏えいすると何が起こる?
  • 事故が起きたらどうすれば? 起きないためにはどうすれば?
  • 「低予算で、今すぐ」安全なテレワーク環境を構築するには?
  • 「承認してもらえる」ツール類の導入稟議の上げ方

プログラム

  1. 働き方改革、テレワークを取り巻くトレンド
  2. 改めて整理したい「リモートワーク」や「災害時」のリスクとは?
  3. バックアップ体制構築のポイント
  4. ではどうすべきか〜喫緊の課題「テレワークのリスク」とあるべき対策とは
  5. “稟議にも使える”規模別災害対策

ニュートン・コンサルティング株式会社
執行役員 CISO 兼 プリンシパルコンサルタント
内海 良 氏

常に第一線で官民や業界・地域連携等のBCP支援を多数支援。
IT-BCPとサイバーセキュリティの知見も深く、現在は東京オリパラ大会に向けた専門組織であるNISCのサイバーセキュリティ対処調整センター支援を責任者として実施。BCPとセキュリティでは国内随一の実績を誇る。

arcserve Japan合同会社
ソリューション統括部 プリンシパルコンサルタント
近藤 大介 氏

プログラマーとして3年活動したのち、 Arcserve製品を中心にITセミナー講師として15年のキ ャリアを積む。 2015年からはArcserveプリセールスとして、 各種セミナーや技術支援などで活躍。趣味は食べ歩き。

【モデレーター】
アイティメディア株式会社
@IT統括編集長
内野 宏信

セミナー概要

 開催日時  2020年6月10日(水)15:00〜
 形式  オンラインセミナー
 参加費  無料
 主催  アイティメディア株式会社 @IT編集部
 協賛  arcserve Japan合同会社、SB C&S株式会社
 お問い合わせ  アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
 event_support@sml.itmedia.co.jp

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.