Special
» 2020年07月07日 00時00分 公開

withコロナ/afterコロナにおけるIT運用管理のキーワードは「ユーザーエクスペリエンス」エキスパートに聞く!

[PR/キーマンズネット]

〜「ユーザーエクスペリエンス」新たな視点で何ができる?〜

 新型コロナを契機に、企業ITの地殻変動が起きつつあります。クラウド化、テレワークの浸透、社外向けサービスのオンラインへの移行など、業務の在り方が根本的に変わろうとしています。そこで求められるのは従来とは全く異なるネットワーク管理です。ITは社員の業務にますます深く入り込むため、ユーザーエクスペリエンスが厳しく問われることになります。

 一方、社員間の通信の多くがWANを経由するなど、複雑化し、制御が難しくなってきています。こうした新たな時代のユーザーニーズに、ネットワーク管理者はどう応えられるのか。どのような管理ができるのか。これについて、ネットワーク関連の取材を長年続け、InteropTokyoの審査員でもある@IT(アットマークアイティ)の三木泉が、エキスパートに問いただします。

【ITプロ向け監視ツール】こんな方におすすめ

  • ネットワーク監視/サーバー監視/ストレージ監視/セキュリティのご担当者様
  • ハイブリッドクラウドの中、問題解決できるのは、各監視担当者が協力する必要があるが連携がうまく取れていない方
  • 監視ツールを導入しているユーザー企業様(自社内で担当、SIerに依頼している方も、知っておきべきことをご紹介)

プログラム

  1. サービスの利便性に対する要求の拡大
  2. ハイブリッドクラウドの増加の理由
  3. ユーザー視点による監視/管理の重要性
  4. マルチベンダーで構成されるIT環境の監視/管理の難しさ
  5. 今の監視/管理ツールに求められること
  6. SolarWindsのソリューション
  7. Q&A

講演者

SolarWinds Japan株式会社
Technical Trainer, APJ
入道 康裕

テクニカルサポート、セールスエンジニアを経て、現在テクニカル・トレーナーとして、日本のパートナー様ユーザ様に対して製品トレーニングを提供。合わせてITイベントやウェビナーを通じSolarWindsが考えるITの監視/管理を提唱している。

アイティメディア株式会社
@IT編集部 エグゼクティブ・エディター
三木 泉

英字新聞記者を経て1991年にソフトバンクに入社。 企業ITに関する雑誌の編集および記事執筆に携わり、 編集長を務める。その後、シンクタンクを経て、 2005年アイティメディアに入社。@ITの編集⾧を務めた後、 @IT編集部 エグゼクティブエディターに就任。 クラウド関連を中心としたニュース記事や解説記事を@ ITで執筆。INTEROP TOKYOでは、Best of Show Award選考委員を22年にわたって務める。

セミナー概要

 形式  オンラインセミナー(オンデマンド配信中)
 参加費  無料
 主催  アイティメディア株式会社 @IT編集部
 協賛  SolarWinds Japan株式会社、株式会社アクシス
 お問い合わせ  アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
 event_support@sml.itmedia.co.jp

受付は終了いたしました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.