メディア
Special
» 2021年04月08日 00時00分 公開

SASEで実現!DXを企業成長に導くクラウドセキュリティとは第2回セキュリティセミナー2021

[PR/キーマンズネット]

 2020年はCOVID-19により、事業環境の破壊的な変化が必要とされる一年でした。この変化に適応すべく、多くの企業でDX(デジタルトランスフォーメーション)やテレワークが加速しました。2021年はこの変化の波に乗り、生き残りから成長へとゴール設定を変え、未来に向かい準備を進めていかなければなりません。

 DX推進には、利用者のデバイスやロケーションに依存せず、サービスやアプリケーションにアクセスする必要があり、そのためにはクラウドの活用が欠かせないとされています。そこでハードルとなるのがマルチクラウド基盤を支える「ネットワーク」と「セキュリティ」です。

 これらの問題を解決するのがSASE(Secure Access Sevice Edge)です。SASEはネットワークとセキュリティの機能を包括的に提供することで、「いつでも」「どこからでも」「どのIT環境にも」同じセキュリティレベルでアクセスできるというセキュリティモデルです。

 本セミナーでは、SASEソリューションの中でも豊富なセキュリティ機能と拡張性をもつPalo Alto Networks社の「Prisma Access」について、デモやPoCのご説明を交えながら、DXを企業成長に導くセキュリティの最適解についてご紹介します。

こんな課題を抱える方におすすめ

  • 複数のクラウド基盤の活用を進めているがセキュリティに課題がある
  • 複数のセキュリティ製品、ネットワーク製品が混在しており管理運用が大変
  • 拠点数や従業員数が多く社会の変化に即対応できる拡張性の高いセキュリティを探している
  • クラウドオンプレ問わずセキュリティを一元管理し担当者の負荷を軽減したい
  • ネットワークの集中管理によるアクセス遅延を低減し、パフォーマンスを向上したい

プログラム

 13:00〜13:10 企業のデジタル変革に必要とされるセキュリティモデルとは
DX推進やワークスタイル多様化の過程で浮き彫りになるセキュリティ課題とその解決策として今話題のSASEについて紹介します。

 SCSK株式会社 ITプロダクト&サービス事業本部 ネットワークセキュリティ部 神足 麻衣
 13:10〜13:30 Prisma Access 徹底解説!〜最旬SASEソリューションでセキュリティと利便性の両立を実現〜
Prisma Accessはマルチクラウドの活用やリモートワーカーを支えるクラウドセキュリティとして注目を集めているSASE製品です。コロナ禍において、数万人規模のリモートワークを数日で実現した企業に同製品が導入されていたことでも話題になりました。
本セッションでは、Prisma Accessの概要や特徴、導入パターンについて解説します。

 SCSK株式会社 ITプロダクト&サービス事業本部 ネットワークセキュリティ部 濵 智弘
 13:30〜13:45 Prisma Access デモンストレーション
Prisma Accessについて、実際のレポートや管理画面をご覧頂きながら解説します。

 SCSK株式会社 ITプロダクト&サービス事業本部 ネットワークセキュリティ部 吉村 翔
 13:45〜13:50 Prisma Access 導入までの流れ
具体的な検討段階に必要となるPoCのご支援から導入までの流れについて参考例を紹介します。

 株式会社CSIソリューションズ ビジネス開発本部 ビジネス開発部 小林 かおる
 13:50〜14:00 Q&A

セミナー概要

 開催日時  2021年5月25日(火) 13:00〜14:00
 形式  オンライン
 参加費  無料
 定員  70名
 主催  株式会社CSIソリューションズ
 協賛  パロアルトネットワークス株式会社
 お問い合わせ  csisol_salesinfo@csi.co.jp
※主催社の競合企業にお勤めの方、および個人の方のご参加はご遠慮ください。予めご了承のほどお願い申し上げます。

本ページでの申込受付は終了しました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.