メディア
Special
» 2021年04月14日 00時00分 公開

Ops Summit 2021セミナー

[PR/キーマンズネット]

新時代のシステム運用のあり方について
業界トップが徹底解説する業界最大級のオンラインイベント
6月16日(水)〜 6月18日(金)開催

 Ops Summitはシステム運用に携わるすべての企業・ユーザーを対象にしたオンラインイベントです。これから益々重要になってくる運用に光を当て、新しい時代の運用がどうあるべきか、今の運用からどうステップアップしていくのか、DX(デジタルトランスフォーメーション)や運用業務改善など、業界を牽引する多くの方々にご登壇いただき、システム運用部門が関わる幅広い業務課題と解決策について紹介します。

プログラム

 プログラム1
  (30分)
【16日限定】コロナ時代のサイバー攻撃と内部犯行の実態
コロナ禍においてテレワーク・DXが進む中、社員がITシステムを安心安全に使うためのサイバーセキュリティ研修を行った組織は、世界でわずか42.8%しかいない。脆弱なセキュリティの隙をつき、身代金要求型ウイルス攻撃や、知的財産を狙ったサイバースパイ活動が増えている。また、解雇や給与減に不満を抱き、内部犯行の脅威も高まっている。サイバー攻撃と内部犯行の実態及び取るべき対策について概観する。

 NTT チーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト 松原 実穂子
 プログラム2
  (30分)
【17日限定】DXはCXとEXのために
DXはそれ自体が目的ではなく、CX(顧客の体験)やEX(社員の体験)が大きく変わることこそがDXの真の価値です。デジタルをむやみに振り回さず、誰かの役に立つデジタル化を実現していくためにはどのようにすればよいか?ベンチャー企業と大企業とでそれぞれプロダクト開発やシステム開発に携わってきた経験から、具体的事例を交えてDXにまつわる話をしていきます。

 株式会社クレディセゾン 専務執行役員 CTO(兼)CIO 小野 和俊
 プログラム3
  (30分)
【18日限定】アナログな業界における最先端技術の活用法
不動産業は未だ紙でのやり取りが多く残りデータの収集が難しいとされる業界です。こうした業界のDXには、どのような着眼点でシステムの開発や運用を行うべきなのか。DX銘柄2020に選定されたPropTech(不動産テック)企業である株式会社GA technologiesの取り組みを紹介します。

 株式会社GA technologies 執行役員 CAIO 稲本 浩久
 プログラム4
  (40分)
【6/16-18】コロナ後におけるDXの推進とデジタル産業創設への布石〜経済産業省におけるDX政策展開〜
DXレポート「2025年の崖」の発表から2年。事業環境の変化に柔軟に対応し、データやデジタル技術を活用したビジネスモデルの変革や企業経営そのものの変革が求められる中、コロナ禍においてはその「事業環境の変化への対応」を極めて短時間で行う必要があった。これらの対応は一過性の取組みではなくDXの本質を理解する機会となり、これを我が国が取り組むべき方策として「DXレポート2」を2020年12月にとりまとめた。また、デジタル技術を使ったサービス提供・課題解決のビジネスは、IT産業だけのものではなく、あらゆる産業において実現できるようになりつつある。講演ではDXを巡る産業動向やデジタル産業の創設に向けた政府の政策について解説する。

 経済産業省 商務情報政策局 情報技術利用促進課 課長 ソフトウェア・情報サービス戦略室長 田辺 雄史
 プログラム5
  (30分)
【6/16-18】Microsoft Azure の Ops の現在地点と Microsoft の提唱する Ops の今後
"メガクラウド" や "ハイパースケーラー" とも呼ばれることのある Microsoft Azure。改めて今、Microsoft Azure とは何なのかを認識いただくために、Microsoft Azure の Ops の現状についてお話しできるところまでお伝えさせていただきます。また、Azure Arc にも触れ、Multi-Cloud / Hybrid-Cloud 視点で、Microsoft が Ops の未来をどう考えているかについてもご説明いたします。

 日本マイクロソフト株式会社 Azure ビジネス本部 プロダクトマーケティング部 プロダクトマネージャー 佐藤 壮一
 プログラム6
  (30分)
【6/16-18】自走型RPAによる生産性向上とデジタル人材の育成
2016年末にRPAと出会い、「RPAを活用したデジタル人材の育成と生産性向上が日本の未来を切り開く」と考え、2017年から自走型によるRPA全社展開を開始。一般ユーザーでもRPA開発が短期間でできる仕組みを考案し、ユーザーのやる気を高め、300人の開発者を育成し、250の業務活用を達成。RPAを軸に更なるデジタル化を推進中。

 田辺三菱製薬プロビジョン株式会社 ワークイノベーション部 デジタル推進グループ グループマネジャー 佐々木 孝之
 プログラム7
  (30分)
【6/16-18】信頼のおける「人と技術」が融合したMSPサービスの運用方法
「ミスの無い完璧なオペレーションの実現」を追求し、20年以上お客様のITシステム・設備の安定的な運用を支援し続けてきた興安計装のMSPサービス 「Owlook(アウルック)」。創業60年の歴史を持つプラント設備のメンテナンスで培った運用・保守・監視 技術をIT分野に活用したソリューション、自動化への取組み、および東西拠点 を中心としたバーチャルオペレーションセンターについてお話しします。

 興安計装株式会社 上席執行役員 第1事業部長 松田 和重
 プログラム8
  (30分)
【6/16-18】過去の成功体験が足かせになる。DXを失敗に陥れる業務のありかた
デジタル技術の進歩によりビジネスは劇的な変化をとげています。一方、多くの企業では高度経済成長期時代に成功を収めた業務の在り方をそのままにして新たなビジネスを作ろうとしています。このセッションでは、成功体験を通して培われてきた組織、制度、業務プロセス、システム、過去のやり方を疑いDX化に真っ向から取り汲む必要についてお話致します。

 株式会社リビカル代表取締役 業務コンサルタント 元山 文菜
 プログラム9
  (30分)
【6/16-18】目標 無人オペレーション 〜システム運用の全自動化の挑戦〜
無人オペレーション「自動運用」の実現を目指し、鍵となる「モニタリング」・「運用自動化(Kompira)」・「分析」の3要素をDaigasグループでの運用ノウハウに基づき、独自にメニュー化。運用自動化サービス『Cloud Arch』としてサービス提供を開始しました。オペレータのエンジニア転換、クラウド技術活用など,サービス提供に至るまでの取組をご紹介します。また、全自動化を見据えたAIOpsなど最新の取組みもご紹介いたします。

 株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部 クラウド基盤ソリューション部 部長 野々峠 裕文
※一度のご登録で、すべてのプログラムをご視聴いただけます。

セミナー概要

 開催日時  2021年6月16日(水)〜 6月18日(金)
 形式  オンライン
 参加費  無料
 主催  株式会社フィックスポイント
 お問い合わせ  セールス&マーケティング部 福原ゆり子 fukuhara@fixpoint.co.jp

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.