メディア
Special
» 2021年07月19日 00時00分 公開

【令和3年度税制改正版】電子帳簿保存法対応セミナー 押さえておきたい領収書・請求書の電子化のポイントセミナー

[PR/キーマンズネット]

 企業は急速なテレワーク対応を求められていますが、領収書や請求書など「紙文化」がテレワークの阻害になっているという声が多く聞かれます。そんな「紙文化」をなくすための重要な取り組みとして「電子帳簿保存法」が改めて注目されています。

 令和3年度の税制改正では、事前承認制度の廃止や適正事務処理要件の廃止など、導入メリットが飛躍的に向上しました。一方で、2022年(令和4年)1月からメールやWebで受領した領収書・請求書(電子取引)は、電子帳簿保存法に対応した電子保存が義務化されます。

 本セミナーでは、税制改正対応とテレワーク実現を両立させる方法を解説します。後半には、電子帳簿保存法対応ソフトである「楽楽精算」のご紹介もさせていただきます。

こんな課題を抱える方におすすめ

  • 改正される電子帳簿保存法について知りたい
  • 領収書・請求書の電子化を進めていきたい

プログラム

 14:00〜15:05 【令和3年度税制改正版】電子帳簿保存法対応セミナー
押さえておきたい領収書・請求書の電子化のポイント


「紙文化」をなくすための取り組みとして「電子帳簿保存法」が改めて注目されています。令和3年度の税制改正では、事前承認制度の廃止や適正事務処理要件の廃止など、導入メリットが飛躍的に向上しました。一方で、2022年(令和4年)1月からメールやWebで受領した領収書・請求書(電子取引)は、電子帳簿保存法に対応した電子保存が義務化されます。

本セミナーでは、税制改正対応とテレワーク実現を両立させる方法を解説します。後半には、電子帳簿保存法対応ソフトである「楽楽精算」のご紹介もさせていただきます。

 TOMAコンサルタンツグループ株式会社
 取締役・中小企業診断士
 持木 健太 氏

 株式会社ラクス
 楽楽精算事業統括部 営業ユニットリーダー
 滝澤 幸憲

セミナー概要

 開催日時  2021年8月25日(水)14:00〜15:05
 形式  オンライン
 参加費  無料
 定員  800名
 主催  株式会社ラクス
 共催  TOMAコンサルタンツグループ株式会社
 お問い合わせ  株式会社ラクス fc-mkt@rakus.co.jp
※主催社の競合企業にお勤めの方、および個人の方のご参加はご遠慮ください。予めご了承のほどお願い申し上げます。

本ページでの登録受付は終了いたしました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.