Special
» 2021年09月14日 00時00分 公開

システム運用の標準化・自動化セミナー

[PR/キーマンズネット]

 システム運用上のミスの予防や効率化のために、オペレーションを自動化しても効果が得られていないケースがあります。

  • そもそもの運用プロセスにムダがあり自動化しても効果がでない。
  • 簡単な作業は自動化できても非効率を引き起こしている難しい作業が自動化できず効果が限定的。

 といった課題が挙げられます。

 これらの課題に対して、まず既存の運用プロセスを見直し、ムダを減らす。それから効果の上がる作業を段階的に自動化していくのが理想的です。サービスデスクの整備による「標準化」、そしてランブックオートメーションによる「自動化」で、適切に効率的な運用を実現することができます。

 セミナー前半では、サービスデスク導入の目的・効果および課題と解決策。後半の自動化については、RPAとランブックオートメーションを比較し、自動化の成功のためのポイントを説明します。

こんな課題を抱える方におすすめ

  • システム運用を自動化したい方
  • 運用プロセスを改善、標準化したい方
  • 属人的なシステム運用を改善したい方
  • 最近のシステム運用管理ツールの機能にご興味のある方

プログラム

 11:00〜11:30 標準化の肝、サービスデスク
システムごとにバラバラで属人的な運用プロセスを標準化するには、ITILをベースとしたサービスデスクの整備が効率的かつ効果があります。標準化におけるサービスデスクの効果を整理し、課題と解決策をご紹介します。
 11:30〜12:00 運用自動化はRPAよりもRBA
システム運用の自動化は、GUI操作自動化のRPAよりもランブックオートメーション(RBA)の方か適しています。オペレーションの自動化に加え、状況把握および判断の自動化についてもご紹介します。

セミナー概要

 開催日時  2021年10月27日(水)11:00〜12:00
 形式  Zoom
 参加費  無料
 主催  株式会社野村総合研究所
 お問い合わせ  Senjuインフォメーションセンター
※主催社の競合企業にお勤めの方、および個人の方のご参加はご遠慮ください。予めご了承のほどお願い申し上げます。

本ページでのお申し込み受付は終了いたしました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.