メディア
Special
» 2021年12月23日 00時00分 公開

企業が講じるべきランサムウェア対策 データ管理における感染予防・感染後の対処方法とは?セミナー

[PR/キーマンズネット]

 近年、ランサムウェア攻撃が頻発し、 LockyやCryptoなどの高度なマルウェアは、バックアップデータをターゲットに攻撃を仕掛けるようになってきています。これが発端となり、ハッカーが無防備なターゲットのデータをロックし、 所有者が身代金を支払うまでロックを解除しないという手口の攻撃がいたるところで発生するようになりました。

 さらに最近ではデータのロックだけでなく、データの盗用を行うマルウェアも広がりつつあります。このような理由から、ランサムウェア攻撃をうまく防御して、 検出し、 すばやい復旧対応をとるための戦略を練ることが重要になってきます。

 ランサムウェアの攻撃に対抗するにはCohesityが最適なソリューションであり、Cohesityを採用することにより、企業は以下のようなことを実現可能です。

  • バックアップ、DR、ファイルサービスのシンプル化
  • ランサムウェア攻撃による身代金を支払う被害を回避
  • データ損失のない高速なデータ復旧
  • セキュリティ体制の強化

こんな課題を抱える方におすすめ

  • 機械学習を活用してランサムウェアの攻撃を迅速かつ正確に見つけ出し、身代金を支払う被害を回避したい
  • ランサムウェアにアタックされた時に迅速にリカバリする方法を知りたい
  • バックアップを狙ったランサムウェア攻撃をうまく防御したい

プログラム

 14:00〜14:10 開会のご挨拶

 丸紅情報システムズ株式会社 IT基盤ソリューション事業本部 事業推進部長
 岩佐 大樹
 14:10〜14:50 進化するランサムウェアに対するデータ管理ソリューションについて
最近のランサムウェアは日々進化を続けており、企業システムの脆弱性を利用して巧妙な手口で攻撃をしてきます。このような攻撃に対抗するには、従来の侵入予防ソリューション(防御)だけではもはや有効とは言えず、万一侵入された時に対するソリューションが必要不可欠です。つまり、侵入されたらどうするか(迅速な検知と復旧)を考えて備えておく必要があります。本セミナーでは、業界トップレベルの速度でランサムウェアからの攻撃を検知し、対策が可能なCohesityソリューションをご紹介いたします。

 Cohesity Japan株式会社 シニアSEマネージャー
 笹 岳二

セミナー概要

 開催日時  2022年3月3日(木)14:00〜15:00
 形式  zoom
 参加費  無料
 主催  丸紅情報システムズ株式会社
 協賛  Cohesity Japan株式会社
 お問い合わせ  丸紅情報システムズ株式会社 ps-marketing@marubeni-sys.com

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.