メディア
Special
» 2022年06月20日 00時00分 公開

紙帳票のデータ化問題を解消。AI-OCR×RPAを最大限活用するポイントとは?セミナー

[PR/キーマンズネット]

「DXSuite」をデモ画面で体験
年間200時間の工数削減に成功したシェアリングエネルギー社の事例に学ぶ

 コロナ禍によってデジタル化はさらに進み、紙媒体での情報管理の限界、業務効率化といった面でも課題を感じている企業も多いのではないでしょうか。特に膨大な量の請求書、受注表の管理など、異なるフォーマットから情報を集約、転記することに困っているという声をよく耳にします。

 AI-OCRは人が帳票から手作業で入力、管理している情報をデータ化することを得意とします。さらにRPAを活用することで業務効率化を図ることができます。つまりAI-OCR×RPAを上手に活用することで、人為的なミスの削減、属人化業務を解消し、生産性向上を目指すことが可能です。

 本セミナーでは、AI-OCR「DXSuite」を提供するAI insideと「WinActor」を提供するNTTアドバンステクノロジをゲストにお招きします。AI-OCRの魅力、具体的な事例を交えながら、AI-OCR×RPAを活用した生産性向上のポイントをご紹介いたします。またパーソルのRPAからは、AI-OCR×RPAを用いて、年間200時間の工数削減に成功したシェアリングエネルギー社へのご支援事例をお話いたします。

こんな課題を抱える方におすすめ

  • RPA導入を検討されている方
  • RPAを使用されている方
  • AI-OCR製品導入を検討されている方
  • AI-OCR製品を使用されている方
  • DXSuite×WinActorでRPAを拡張させたい方
  • 膨大な紙帳票の取扱いに困っている方
  • 具体的なRPA導入事例、業務効率化事例を参考にしたい方

プログラム

  ご挨拶
 セッション1 初心者でもわかる! 入力業務を一気に削減するAI-OCRを徹底解説
AI-OCRは伝票や請求書、注文書等、紙書類の手入力業務をAIを用いて業務削減できるサービスです。異なるフォーマットに記載された膨大な情報を転記、管理することにお困りの方に向けて、今回は実際に帳票から必要情報をデータ化する一連の流れをデモ動画でご覧いただき、DX Suite製品の活用事例をわかりやすくご紹介いたします。

 AI inside 株式会社
 Business Group Sales Growth Unit
 大鐘 幹也
 セッション2 DXSuite×WinActorを活用した生産性向上の秘訣とは
社内帳票や請求書をDXSuiteなどのAI-OCRでデータ化し、データ投入やシステム連携など周辺業務をRPA化することで業務効率化を図ることができます。弊社は、さらなる生産性向上を図りたいというお客様のご要望にお応えし、DXSuite×WinActorの良さを最大限発揮できる活用事例をご紹介いたします。

 NTTアドバンステクノロジ株式会社
 DX&GXビジネス事業本部 カスタマーリレーション部門
 木下 はづき
 セッション3 シェアリングエネルギー社が2ヶ月で年間200時間の手作業工数削減に成功できた理由
毎月Webデータ、ハガキで届いた太陽光パネルの発電量、売電料金など月約900件の情報を手作業でExcelに記入、管理していたシェアリングエネルギー社。Web、紙媒体情報のデータ化、読み取りデータ表記の確認、転記の作業をDXSuite×WinActorで自動化したことで、年間200時間の工数削減に成功しました。Web、ハガキそれぞれの情報をどのようにデータ化し、一連作業のRPA化を実現したのか、現場でご支援を担当した「パーソルのRPA」メンバーより解説いたします。

 株式会社シェアリングエネルギー
 シェアでんき業務管理部 部長 兼 アライアンス営業部 部長
 伊藤 福朗

 パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
 ワークスイッチ事業部
 田代 知世
  質疑応答

セミナー概要

 開催日時  2022年8月1日(月)12:00〜13:00
 形式  オンライン
 参加費  無料
 定員  80名
 主催  パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
 共催  AI inside株式会社/NTTアドバンステクノロジ株式会社
 お問い合わせ  パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 ws_marke@persol.co.jp

本ページでの申込受付は終了しました。参加をご希望の方は主催者までお問い合わせください

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.