レポート

ジュニパーネットワークス株式会社

ジュニパーネットワークス株式会社

ROIは5年で361%、調査で知る次世代データセンターネットワークのビジネス価値

デジタル変革に取り組む上で不可欠なのが、データセンターネットワークの近代化と変革だ。運用管理の自動化やセキュリティの統合が可能なソリューションについて、導入企業への調査結果を基に、ROIや生産性などのビジネス価値を探る。

要約

 マルチクラウドやハイブリッドITなどデジタル変革が進むにつれ、企業のネットワークには、より高い“俊敏性”が求められるようになっている。だが複雑なアーキテクチャと手作業による運用モデルが課題の従来型データセンターネットワークは、その俊敏性を実現できないばかりか、コスト増大の要因となることも多い。

 この状況を改善するには、自動化によるアーキテクチャと運用の簡素化、ネットワークオーバーレイとアンダーレイ/ファブリックの統合管理、包括的なセキュリティポリシーの適用が可能なソリューションが有効となる。実際に、こうした製品を導入した企業を対象としたIDCの調査によれば、1企業当たりの平均年間利益は501万米ドルに上り、5年間のROIは361%になると算出されている。

 他にも、計画外のダウンタイムが98%減少、担当者の生産性が44%向上するなど、さまざまな効果が報告されている。本コンテンツではこうした調査結果を基に、デジタル時代にふさわしいデータセンターネットワーク製品のビジネス価値を解説する。

アンケート