メディア
ニュース
» 2017年10月31日 10時00分 公開

ロボットが小脳を持つと何が起こるか〜「リアルハプティクス」とIoA(Internet of Actions)(2/2 ページ)

[原田美穂,キーマンズネット]
前のページへ 1|2       

力のフィードバックで適度な力加減を理解する機械を作る

 この技術は人の感覚器官を拡張するだけでなく、フィードバック情報をロボットに与えて処理させることで、ロボットに高度な処理を行わせることも可能だ。展示ではリアルハプティクスの実務への応用例の1つとして、選果システムを多く手掛けるシブヤ精機と共同開発した選果用ロボットハンドも紹介していた。

ロボットハンド部分のデモ ここではマシュマロ、イチゴ、粘土という、固さの異なる物体を判定して、つぶさずに並べている。視覚、触覚を使った判定結果を基に、ルールに則して並べていく ロボットハンド部分のデモ ここではマシュマロ、イチゴ、粘土という、固さの異なる物体を判定して、つぶさずに並べている。視覚、触覚を使った判定結果を基に、ルールに則して並べていく
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。