特集
» 2019年03月26日 10時00分 公開

クラウドRPAで実現する誰でも使えるRPAと新たなワークスタイルの創造――BizteXが描くビジョンとは

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

オフィス業務効率化の切り札であるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の利用は、まず大企業において先行し、今後は中小企業にも広がっていくと考えられる。そこで課題となるのが、コストや開発スキルの不足だ。そのようなハードルを乗り越えるべく開発された、“誰でも使える”を標榜するクラウドRPAツールが「BizteX cobit」だ。2017年7月のリリース以来、のべ500社近い企業・団体に採用されている。

開発元であるBizteX株式会社は2018年11月14日、クラウドRPAをテーマとしたカンファレンス「X-CONFERENCE(クロス-カンファレンス)」を都内で開催した。同社代表取締役 Founder/CEOの嶋田光敏氏が基調講演で語った、開発の経緯やBizteX cobitの特徴、今後のビジョンなどについてダイジェストで紹介したい。

BizteX株式会社 代表取締役 Founder/CEO 嶋田光敏氏

■記事内目次

  • クラウド型RPAで都市と地方、大企業と中小企業のギャップをなくす
  • 業務によって使用するRPAツールの使い分けが当たり前に
  • 今まさに、第三次労働革命が訪れようとしている

クラウド型RPAで都市と地方、大企業と中小企業のギャップをなくす

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。