特集
» 2017年12月04日 10時00分 公開

退職者のPCをフォーマットしてはならない、自社を守るバックアップ製品の選び方IT導入完全ガイド(2/4 ページ)

[吉村哲樹,オフィスティーワイ]

訴訟リスク対応:大量ドキュメントから特定のリスクがある情報を検出

 米国の裁判制度は日本のそれとは異なり、原告と被告が双方とも、事案に関する全ての資料を開示する義務を負う。いわゆる「Discover制度(e-Discovery)」だが、中でも電子データの資料を裁判所の求めに応じて素早く提示する「e-Discovery」への対応は、米国でビジネスを展開する企業にとっては、訴訟リスクを管理する上で不可欠の取り組みだといわれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。