メディア
特集
» 2018年11月07日 16時30分 公開

リスク山盛りで情シスは大丈夫か “改元システム対応”の近道とは?直前になって慌てないための「改元対応虎の巻」(3/3 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]
前のページへ 1|2|3       

「対応できる人材がいない」「ドキュメントが残されていない」……どうすればいい?

 リソースがなく対応が難しい場合やシステムがブラックボックス化し自社で範囲が特定できない場合は、まず、システム開発を担当したベンダーに相談するのが一番だ。面倒なケースは、保守契約が切れている場合や、そもそもシステムを開発したベンダーが存在しない場合である。そのような場合は、別のSIerなどに調査や対応を依頼することとなるが、システム構成をSIerに伝えるところから始めなければならず、その分の工数見積もりが必要だ。また、「ドキュメントが残されていない」「元のソースコードがない」という場合は、相応の工数が必要となることも含めて考えたい。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。