特集
» 2019年06月26日 10時00分 公開

経済産業省ではじまるRPA活用――スモールスタートから全省へ

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

AI(人工知能)よりも即効的な働き方改革、生産性向上のツールとして急速に導入企業を増やしたRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は現在、中央省庁にも着実に浸透。具体的な活用段階に入っている。

民間企業のRPA導入が、自社の内部で完結させやすい経理・総務・人事などの部門から始まったのと同様、「霞が関」のロボット化も、やはりバックオフィスが先陣を切ることとなった。

経済産業省の人事事務を司る大臣官房秘書課は2018年7月、デスクトップ型のRPAツール「BizRobo!mini」を導入。プログラミング経験がない人事情報の登録作業担当者が自身の作業を一部委ねる形でロボットを実装し、作業時間を3分の1未満に短縮する見込みという。導入に携わったメンバーに狙いと現状、展望を取材した。

■記事内目次

<目次>

1. 単独部署からのスモールスタート。ミスが許されない人事事務をロボット化

2. ロボット化で処理時間は1/3、「手放し」の運用を目指す

3. 鮮明になった「霞が関」の業務でのポテンシャル。RPAを課内から全省へ


単独部署からのスモールスタート。ミスが許されない人事事務をロボット化

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。