メディア
特集
» 2018年11月02日 10時00分 公開

相棒としてのロボット活用を当たり前の文化に――マインドセット改革を目指すディップの挑戦

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

厚生労働省が発表した「一般職業紹介状況」(2018年7月28日)によると、2018年8月の有効求人倍率は1.63倍となっている。これは前月比と同様の数値で、1974年の1月以来の高水準が続いていることを示す結果となった。人材サービス業界は今、空前の売り手市場となっており、よりタイムリーで適切な高品質のマッチング力が求められ、市場からのプレッシャーは相当なものとなっている。

こうした市場環境を背景に、日本最大級のアルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」をはじめ、「バイトルNEXT」「はたらこねっと」「ナースではたらこ」を運営する総合求人情報サービス会社、ディップ株式会社では社内の働き方改革を推進。働き方改革により生まれた余剰時間を有効に活用し、より付加価値の高いサービスの提供を実現することを目的に、RPAをはじめとする業務自動化テクノロジーを積極的に採用、全社的な取り組みに拡大している。

現在、広告制作部を中心に、人事、総務、経理、営業事務など幅広い業務分野において約30体のソフトウェアロボットが稼働しているが、RPA導入の根底には、それぞれの業務担当者が“相棒”としてロボットを活用しながら自らの業務を改善し、働き方の質や満足度を高めていくマインドセット変革の狙いがあるという。

ディップ社へのインタビューを通じて見えてきた、下記4点を解説していきたい。

  1. 【RPA導入推進のポイント】RPA推進のポイントは、部署・部門に置く“推進役”の存在
  2. 【RPA導入の巻き込みポイント】RPA導入の意志決定に一役買う“ロボットデモ動画”
  3. 【RPA導入効果の測定方法】RPAの経営効果は、業務削減時間+余剰で出来た時間の生産性で測る
  4. 【ロボットの運用方法】ロボット運用トラブル発生時に設けている3段階のルール

RPAの導入を進めるにあたって、現場レベルでどのような課題に向き合い、どのようにそれを克服し、さらにどのような効果を上げつつあるのか、4名の担当者にお話を伺った。

RPA推進のポイントは、部署・部門に置く“推進役”の存在

(左から)商品開発本部 マネジャー 亀田重幸氏、クリエイティブ統括部 統括部長 森田 亮氏、クリエイティブ統括部 マネジャー 小久保江里氏

――全社的にRPAに取り組んでいこうとなったときに、課題や懸案事項が出てきたと思いますが、そうした課題をどのようにクリアしていったのでしょうか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。