メディア
ニュース
» 2022年01月13日 17時00分 公開

悪意のあるファイルが1日平均38万件……2021年のサイバー脅威レポート

2020年11月〜2021年10月にカスペルスキー製品が検知した新規の悪意のあるファイルの1日当たり件数は、対前年同期比5.7%増の38万600件となった。テレワークで業務の場がオンラインに移行し、攻撃対象領域が拡大しているという。

[キーマンズネット]

検知した攻撃の9割はWindowsの実行ファイル形式

 カスペルスキーは2022年1月11日、2021年の主要なサイバー脅威の数字についてまとめた年次レポート「Kaspersky Security Bulletin 2021. Statistics」を発行した。

 今回のレポートの集計期間は、2020年11月〜2021年10月までの12カ月間だ。この間にカスペルスキー製品が検知した新規の悪意のあるファイルの1日当たり件数は、対前年同期比5.7%増の38万600件となった。その内、91%はWindowsの実行ファイル形式だった。

 同社によると、テレワークの導入が進みオンラインでの活動が多くなったことや、業務をオンライン化によって使用される機器の数が増えて攻撃対象領域が広くなったことが増加要因だという。

1日当たり2万件増加、最も“暗躍”した脅威は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。