メディア
ニュース
» 2022年01月25日 10時00分 公開

企業の14%がテレワーク従業員をこっそり監視中、違法を主張できるのか?

テレワークを実施する企業によっては、従業員の働きぶりを専用のシステムなどで監視している。時には「従業員に通知することなく」そうした監視を実施しているが、プライバシーの侵害には当たらないのか。

[Caroline Colvin,HR Dive]
HR Dive

 テレワークを実施する企業によっては、従業員の働きぶりを把握するために「カメラをonにさせる」「メールの内容やWebの検索履歴を監視する」といった施策を実施している。だが、こうした監視は従業員にストレスを与え、生産性を下げるといったデメリットを引き起こす可能性がある。さらに、日本においては、メールや検索の内容、住居内の様子などを企業が収集することは場合によって「プライバシーの侵害」に当たる場合がある。

企業の14%がテレワーク従業員をこっそり監視 SNSの監視は合法か?

 テレワーク中の従業員の監視は、国内でも議論すべきテーマとして話題に上がるが、海外ではどのような見方がされているのか。HRに関するニュースを取り上げる「HRDive」のに寄せられた以下の質問に対し、米法律事務所Fox Rothschildのパートナーであり、同社のプライバシーおよびデータセキュリティプラクティスの共同チェアであるマーク・マクリーリー氏は次のように回答した。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。