メディア

知りたいけど知りたくない……あそこを見れば分かるあなたの寿命:647th Lap

これだけ医療技術が発展しても、いまだ予測困難とされる人間の寿命。ある研究チームは多くの実験を重ね、人の寿命を予測できる手段を発見した。人間のある部分を見れば、「その人がどれだけ早世するか」を予測できるという。

» 2022年01月28日 07時00分 公開
[キーマンズネット]

 AI(人工知能)やコンピューティング技術の進展により、気象だけでなく株価の動きなど多くの物事を見通すことが可能になった。しかし、まだ予測困難なものがある。それは、人間の寿命だ。

 ある研究チームは、不可能と思われてきた人の寿命を予測できる手段を発見したという。それは人間のある部分を見れば可能だというのだが、一体どうやって予測しようというのか。

 オーストラリアとドイツ、中国による研究チームが2021年11月17日に公開した論文で、人間の網膜からある予測を可能にするAI(人工知能)を発表した。2022年1月19日に科学情報サイトScienceAlertでも取り上げられ、ちょっとした話題になった。

 そのAIは人間の目をスキャンすることで「その人がどれだけ早世するか」を予測するのだという。つまりは「早死にするリスク」の予測だ。

 研究チームは、AIの深層学習(ディープラーニング)に「UKバイオバンク」を利用した。UKバイオバンクとは、英国で中高年を中心に約50万人の被験者の身体情報を収集し、遺伝的素養や環境暴露による影響と疾患の関係を調査する研究だ。

 UKバイオバンクに登録された被験者4万6969人の「眼底画像」8万169枚を深層学習のデータに使った。被験者のうち、病歴のない1万1052人の眼底画像1万9200枚を学習データとして用いることで、網膜をスキャンするだけでAIが被験者の生物学的年齢を予測できるようになった。

 さらに、病歴のあった被験者3万5917人の眼底画像データも含めてAIで分析して生物学的年齢を予測し、実際の年齢と比較して学習させたところ、網膜をスキャンすることで被験者の実年齢をAIが予測できるようになったという。その誤差は平均して3.55年以内だった。

 そして、「眼底画像を提供した被験者の1871人が画像撮影から約11年以内に死亡していた」という情報を与えることで、AIは生物学的年齢と実年齢とのギャップから、網膜スキャンした人がどれほど早世する可能性があるかを予測できるようになったという。

 研究チームによれば、網膜スキャンした人の推定生物学的年齢が実年齢を上回っていればいるほど、早世リスクが高まるという。推測した生物学年齢が実年齢より1歳上だった場合、11年以内に死亡するリスクが2%上昇するという結果が得られた。

 ただし、心疾患やガンなどの疾患によって死亡した場合は、予測には当てはまらない。つまり、病的要素がない「老化」による早世リスクを予測するものだ。この研究結果はあくまでUKバイオバンクのデータに基づくものであり、網膜スキャンから得られた予測年齢と死亡確率に、どういった生物学的要因があるかは今のところ不明である。

 網膜が「老化」に対して敏感であるという研究結果は存在していた。網膜にある血管と神経の状態は全身の血管や脳の健康に即している、すなわち老化に直結しているというのだ。だからこそAIによる予測は、網膜と老化の関係を裏付ける一つの要素であると研究チームは考える。

 今後研究が進めば、網膜をスキャンするだけで人の寿命が分かる時代が訪れるかもしれない。


上司X

上司X: 網膜の状態から人間の寿命を予測するAIが開発されたという話だよ。


ブラックピット

ブラックピット: なるほど。要は網膜の状態から推測した年齢と実年齢とを比較して、推測年齢が上回っていれば「あなたあと○年で危ないですよ」ってことですよね。


上司X

上司X: まあそうだ。あくまで老化による死亡予測ってことだ。


ブラックピット

ブラックピット: 網膜がそんなに老化に直結してるっていうのは知りませんでしたね。


上司X

上司X: ああ。老眼は網膜とは関係ない……か(笑)。


ブラックピット

ブラックピット: 関係ないでしょうね。老化を伴う目の疾患には関係しているでしょうけど。


上司X

上司X: それはいいとして、網膜認証はそのうちスマホでも採用されるかも、なんてうわさがあるからな。スマホに搭載されたセンサーで網膜の状態を読み取って「アナタの死期は……」みたいなメッセージが送られる時代が来るかもな。


ブラックピット

ブラックピット: やめてくださいよもう。確かに網膜で寿命の兆候を知ることができるようになるかもしれませんけど、それを日常的に宣言されたらそのせいで寿命が縮んでいく気がしますよ……。


上司X

上司X: 考えすぎ、まだだいぶ先の話だよ(笑)。まあ確かに、AIに寿命を告げられたくはないのは俺も同じだ。俺なんて老化よりも先になんかの疾患でどうにかなっちゃいそうだけどな。そっちの方を正確に予測するAIが登場することに期待しちゃうな。

川柳

ブラックピット(本名非公開)

ブラックピット

年齢:36歳(独身)
所属:某企業SE(入社6年目)

昔レーサーに憧れ、夢見ていたが断念した経歴を持つ(中学生の時にゲームセンターのレーシングゲームで全国1位を取り、なんとなく自分ならイケる気がしてしまった)。愛車は黒のスカイライン。憧れはGTR。車とF1観戦が趣味。笑いはもっぱらシュールなネタが好き。

上司X(本名なぜか非公開)

上司X

年齢:46歳
所属:某企業システム部長(かなりのITベテラン)

中学生のときに秋葉原のBit-INN(ビットイン)で見たTK-80に魅せられITの世界に入る。以来ITひと筋。もともと車が趣味だったが、ブラックピットの影響で、つい最近F1にはまる。愛車はGTR(でも中古らしい)。人懐っこく、面倒見が良い性格。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。

編集部からのお知らせ