メディア
特集
» 2022年03月25日 10時00分 公開

テレワークによる“無駄な時間”と従業員の孤独、対処法は?SlackとWorkatoのリーダーが語る

テレワークの生産性を向上させる鍵として導入した業務アプリが、ある"無駄な時間"を誘発しているという。テレワークの盲点とその解決策をSlackとWorkatoのリーダーが語った。

[ITmedia]

 Slackが2021年11月に発表した「はたらき場所改革に関する調査レポート」によると、テレワークシフトによって企業が業務アプリを急速に導入し、業務を効率的に進められるようになった一方で、さまざまな課題も噴出している。

 テレワークならではの課題を解決し、生産性や従業員のモチベーションを維持するために必要なことは何か。Slackの佐々木 聖治氏(日本韓国リージョン事業統括 カントリーマネージャー)と、Workatoの中川誠一氏(日本カントリーマネージャー)が2022年3月10日に開催された「Workato リーダーズトーク with Slack」で対談した。

新入社員との交流や同僚との関係構築が課題に

佐々木 聖治氏(以下、佐々木氏): Slackは北米や日本、韓国、オーストラリアにおいて、ナレッジワーカーを対象にした働く場所についての調査を実施しました。その結果をまとめたのが「はたらき場所改革に関する調査レポート」です。日本では雇用者数100人以上の組織に勤務する、2006人のナレッジワーカーを対象に調査を実施しました。

 今回の調査によると、日本におけるテレワークの実施は全体の3割程度です。回答者のうち、「今後完全に職場または対面での勤務に復帰する」とした回答者は全体の17%、「ずっと職場勤務していた、または週3日以上職場勤務を続けていた」とした回答者は全体の37%です。両者を合わせた54%の人々は、今後オフィス勤務中心の働き方になると予想されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。