メディア
特集
» 2022年05月12日 09時00分 公開

レガシー情報機器の利用状況(2022年)/前編

固定電話やFAXなど、オフィスでの利用を想定した情報機器はコロナ禍でどのように利用状況が変化しているのか。テレワークシフトなど労働環境の変化を機に、これらを廃止したいと考える企業がある一方で、さまざまな理由から廃止はしないとする企業もあるようだ。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2022年3月14日〜29 日にわたり「レガシー情報機器の利用状況」に関する調査を実施した。本調査では、コロナ禍で利用が減少していると想定される固定電話やFAXなどを“レガシー情報機器”と定義し、利用状況や課題、今後の継続利用意向などについて調査した。今後の継続利用意向などについて調査した。

 前編となる本稿では、固定電話やTV会議システムの利用状況や代替サービス、併用サービスなどを明らかにする。

長期化するコロナ禍でも廃止できないオフィス機器

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを背景に、多くの企業がテレワークや在宅勤務、時差出勤などで感染リスクを抑えた働き方にシフトした。長引くコロナ禍でその取り組みは波及しているようにも見える。

 キーマンズネットはコロナ禍における企業活動において利用場面が減少すると予測される機器を“レガシー情報機器”と定義し、ニーズの変化を追ってきた。

 はじめに利用状況を調査したところ「利用しており、今後も利用する予定」では「FAX」が79.7%と最も高く、次いで「固定電話」74.2%、「TV会議システム」65.6%が上位に続いた(図1)。これを2020年10月に行った同様の調査と比較したところ「固定電話」の利用割合が7.6ポイント減少した。

図1 レガシー情報機器の利用状況(2022年)

 一方で「利用しており、今後廃止する予定」では「固定電話」が9.4%、「FAX」と「TV会議システム」が6.9%、「タイムカード」が3.6%、「EDI」が1.7%だった。廃止予定の割合が最も高かった固定電話は、テレワークや在宅勤務など固定オフィスにとどまらない勤務形態への移行により利用機会も減少してきている様子だ。固定電話の代替としては「クラウドPBXとスマートフォン」62.2%や「Teams電話」44.4%が挙がり、Webサービスへの移行が進んでいると考察できる(図2)。

図2 固定電話の代替として利用予定のサービス

固定電話を持ち続ける理由とは

 固定電話は83.6%の回答者が利用しており、74.2%が今後も利用をする予定だとした。その理由は次の4つに大別できる。「廃止をしない」とする企業の声をフリーコメントで聞いた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。