メディア
特集
» 2022年06月28日 09時00分 公開

こんなAIプロジェクトは嫌だ 本当にあった「5つのアンチパターン」を経験者が語る

AIの導入現場では必ずしもプロジェクトがスムーズに進んでいないという。製造業のDXリーダーと、AI開発エキスパートが5つのアンチパターンと回避策を本音で語り合った。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 DX(デジタルトランスフォーメーション)推進において、AI(人工知能)を活用した事例が華々しく取り上げられることもあるが、導入現場では「必ずしもプロジェクトがスムーズに進んでいない」。その要因として幾つかの「アンチパターン」があるようだ。成功プロジェクトを量産する製造業のDXリーダーと、AI開発エキスパートが5つのアンチパターンと回避策を本音で語り合った。

本記事は「NexTech Week 2022【春】AI・人工知能EXPO」の氏の講演「こんな〇〇はいやだ 〜発注者・受注者・研究者から見たAI PJあるある〜」を基に編集部で再構成した。

モデレーター

connectome.design 代表取締役社長 佐藤 聡氏

パネリスト

矢崎総業 AI・デジタル室 丹下 博氏

ブラザー工業 開発センター 須崎与一氏

connectome.design 佐藤 聡氏

佐藤氏: AIプロジェクトには幾つかの失敗パターンがあります。矢崎総業とブラザー工業のAIプロジェクト推進リーダーのお二人に、取り組みの概要と考えをうかがいます

丹下氏: 矢崎総業は自動車部品メーカーです。一般に製造業は“間違いのない製品”を作ることを使命としており、“100%失敗しないこと”を目指します。ですが、その使命がときに保守的な社内文化につながることがあります。

 その中でDXを成功させることは難しい問題ですが、当社は経営者の強力なリーダーシップの下、外部人材を採用してDX組織を構築し、改善を図っています。

須崎氏: ブラザー工業では、各事業部門のプロジェクトをDX組織が横ぐしで統括しています。当社の取り組みの特徴は、社内の人材がボトムアップでプロジェクトを主導していることです。「AIを知り、技術を学び、それを使うという」ライフサイクルを、全て自分たちで賄っています。

5つの失敗例「ディープラーニング至上主義組織の末路」

アンチパターンその1 AIについて「相談は無料」

佐藤氏: AIプロジェクトは、相談対応が無報酬というケースが多いですよね。開発側としては無報酬の相談に時間をとられるのは困るのですが、発注側としては実現できるかどうか分からない相談にお金がかけられないのも事実でしょう。これについてどうお考えですか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。