メディア
調査リポート
» 2008年07月08日 10時00分 公開

「ID管理」シェア(2007年度)シェア情報アーカイブ

2007年度の国内出荷金額は前年比28.1%増の88億円と、急速に拡大している「ID管理ツール」。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 アイ・ティ・アールの調べによれば、ID管理市場の2007年度の国内出荷金額は前年対比28.1%増の88億円と、急速に拡大している。内部統制やコンプライアンス対応強化のため、アクセス管理環境を見直し、ツールの導入を行う企業が増えていることが大きな要因となっている。

 市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、2007年度は日本HPが15.9%で1位、2位の日本CAが11.4%、3位のサン・マイクロシステムズが10.8%、4位の日本IBMが9.1%とわずかな差で続いている。

 日本HPは、大手金融機関を中心とした大規模Webシステムでのシングルサインオン用途で導入実績を伸ばし、首位を獲得した。また日本CAは、買収などで急速に製品ラインアップを強化しており、多彩なソリューションを提供することで2位となった。

 今後も、ユーザーの利便性向上やIT管理コストの削減、セキュリティポリシーの順守といったメリットをもたらすID管理製品は、引き続き高いニーズにより、2008年度も前年を上回る伸びを示すと予想されている。

「ID管理」シェア(2007年度) (出典:アイ・ティ・アール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。