連載
» 2015年05月13日 10時00分 公開

セキュアなIoT実現の新機軸、「LSI個体差暗号技術」とは?5分で分かる最新キーワード解説(2/4 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]

LSIの個体差を暗号に応用する方法

 つまりLSIの個体差とは、入力信号と出力信号の中間で生じるLSI内部のグリッチ発生回数である。もちろんそれがLSIに求められる計算処理結果に影響することはなく、LSI回路を複写して入力信号と出力信号をLSIごとに比較すれば、全て同じ結果になる。LSI個々に潜み、回路が動作する瞬間以外には観測できないこの個体差を、LSI個別の「秘密の情報=固有ID」と見なせば、暗号システムに利用できるのではないか、というのが研究チームの着眼点だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。