調査リポート
» 2015年09月29日 10時00分 公開

「タブレット」シェア(2015年第2四半期)シェア情報アーカイブ

2015年第2四半期は、ビジネス市場は前年比35%増の54万台だったタブレット市場。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調べによれば、2015年第2四半期(4〜6月)の国内タブレット市場の出荷台数は、前年同期比13.4%減の169万台となった。

 要因として、家庭市場で、大型スマートフォンの影響やタブレットの利用用途が広がらないことから需要が縮小したことが挙げられている。前年同期比26.0%減の115万台となり市場全体に影響を与えた。また、2015年下半期の新製品投入に向け各社が在庫調整を行ったことも一因とみられている。

 一方ビジネス市場は前年同期比35.0%増の54万台であった。B to B to C用途でのAndroidタブレットや企業向けWindowsタブレットの需要拡大に伴い出荷台数が増加し、タブレット市場全体を底支えした。

 ベンダー別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のベンダーは42.3%で、前年同期比8.1%減と出荷台数を落としたものの高いシェアを維持。2位は10.5%で、シェアを拡大し第2位の座を堅守した。3位、4位は7.2%、5位が6.9%で、6位は6.7%であった。

 今後の見通しに関しては、家庭市場において大型スマートフォンが普及したことでスマートフォンでも小型タブレットに近い使い勝手が実現され、タブレットならではのメリットをユーザーが享受しにくい状況になっている。このため、大型スマートフォンとは別の土俵としての、画面サイズやアプリケーションを利用した新しい用途の開発が望まれると伝えている。

「タブレット」シェア(2015年第2四半期) (出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。