メディア
連載
» 2017年02月22日 10時00分 公開

光で組み合わせ最適化問題を解く「量子ニューラルネットワーク」とは?5分で分かる最新キーワード解説(2/4 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]

量子ニューラルネットワークによる組み合わせ最適化問題の解き方

 量子ニューラルネットワークは、スピンをレーザーの位相に置き換えた。イジングモデルでは、相互作用する2つの状態がなければならないので、まずレーザー光の位相が0とπ(パイ)の2つだけとなるような位相感応増幅機を開発した。これにより、2つの位相の光パルスを確率的に作り出す光パラメトリック発振器(Optical Parametric Oscillator: OPO)が出来上がる(図3)。

光パラメトリック発振器(OPO)による人工スピンの生成 図3 光パラメトリック発振器(OPO)による人工スピンの生成(出典:NTT)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。