メディア
特集
» 2017年11月28日 10時00分 公開

アンドロイドと共に生きる未来 ― “マツコロイドの父”・石黒浩氏に聞く

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

今後AI(人工知能)やロボットの普及が加速すると予想される中でも、人間の働き方や生き方がそのときどう変わるのか、リアルに予測できる識者は決して多くない。実在の人間にそっくりのロボット「ジェミノイド」を開発、自身の“分身”とともにメディアへ登場し、タレントのマツコ・デラックスさんをモデルにした「マツコロイド」の生みの親としても知られるロボット研究者・石黒浩氏は、「ロボットと人間が対面したとき何が起こるのか」を現在最もよく知る人物だ。いずれロボットと共生することとなる未来に、われわれはどう向き合うべきなのか。世界的な第一人者の知見を紹介する。

プロフィール

石黒 浩(いしぐろ ひろし、写真左)

大阪大学教授(栄誉教授)、工学博士。人間酷似型ロボット(アンドロイド)開発の第一人者として知られる。1963年滋賀県生まれ。山梨大学工学部卒業、同大学院修士課程修了、阪大大学院基礎工学研究科博士課程修了。現在、大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻の教授を務めるほか、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)フェローとして自律型対話アンドロイドおよび遠隔操作型アンドロイドの研究に携わる。著書に『人と芸術 とアンドロイド』(日本評論社)、『ロボットとは何か』(講談社)、『アンドロイドは人間になれるか』(文藝春秋)など。


アンドロイドとの共生が人を洗練させる

−堂々とした体躯を等身大で再現、なにげない仕草や肌の質感まで本人そっくりの「マツコロイド」がデビューしたのは3年前。美しい女性の顔立ちや声を人工的に合成した「ERICA」も、その存在感が世界的に注目(注1)されています。こうした精巧なロボットが、市場で市販される日はくるのでしょうか。

量産するかどうかでしょうね。マツコロイドの製作は完全なオーダーメイドで、フェラーリ1台ぶん(注2)くらいの費用がかかっています。これでは誰も手が届かないでしょう。すでに街中でよく見かける人型ロボットの「Pepper」は大衆車クラスの価格ですが、これも比較的小型でシンプルという以上に、量産されていることが大きいです(注3)。マツコロイドのような精巧なアンドロイドでも、たとえば10万台オーダーがあればちょっとした高級車くらいの値段で販売できます(注4)。マツコさんの等身大だと家に置くには大きすぎるけど(笑)、例えば「人気女優のアンドロイドと暮らす生活」というのは、近い将来できるかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。