メディア
連載
» 2017年12月20日 10時00分 公開

脳で感じた印象を文字にする「fMRI脳情報デコーディング」とは?5分で分かる最新キーワード解説(2/4 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]

fMRIからの情報をどう処理するのか?

 ものを見るというような日常的な知覚は、脳の高度で効率的な情報処理システムによって処理され、私たちは見たものが「猫」であるとか、それが「寝ていて」「かわいい」というように、言語化して表現できる。脳活動の変化(≒脳内の血流変化)から、「猫」を見たのか「犬」を見たのか、それが「かわいい」のか「怖い」のかなどを判別できるようにしようというのが、「fMRI脳情報デコーディング」の1つの目的だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。