特集
» 2018年03月19日 10時00分 公開

SMFG・電通の事例から見えてくる「スケールさせるRPA」

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

国を挙げた「働き方改革」の具体策として注目を集めているRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。ソフトウエアのロボットに定型的なホワイトカラー業務を代替させていく取り組みは現在、全社展開の前段階として一部部署で試行を重ねるケースが多くを占める。そうした中、株式会社三井住友銀行(SMBC、東京都千代田区)と株式会社電通(東京都港区)は、海外の先行事例に通じた外資コンサルの支援を受けることでロボットの全社的な導入をいち早く実現。「稼働数4ケタ」という大規模運用も見すえた体制を確立しつつある。両社にRPAツール「UiPath」を提供するUiPath株式会社が1月26日に都内で開いたカンファレンス「#UiPathForward Japan 2018」のセッションから、「スケールさせるRPA」の最前線を紹介する。

400業務83万時間の余力捻出を実現するSMFGのRPA運用

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。