特集
» 2018年05月26日 10時00分 公開

RPA、使いこなす企業は何が違う? 「第2回ロボットコンテスト」レポート

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

2018年7月4日、東京にて「RPA DIGITAL WORLD 2018」(株式会社セグメント主催)が開かれた。ソフトウエアでPC上の定型業務を代替するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)関連の展示・セッションを集めた会場には今回、過去2回を超える4,398人が来場。出展者の顔ぶれやソリューションもさらに多彩となり、ブームの域を脱したRPAがいよいよ本格的な普及期に入ったことを如実に示した。

同イベントの恒例で、RPAの先進企業がコンセプトや技術力などを競う「ロボットコンテスト」には、今回23社が応募し、このうち書類選考を勝ち抜いた3社が、当日会場でプレゼンテーションを行った。それらのダイジェストと、披露された取り組みのバックグラウンドをダイジェストで紹介する。

“失敗してもなおチャレンジ”に高評価……住友林業情報システムの場合

今回のコンテストでは、会場からの得票と有識者3名の審査結果を総合した結果、住友林業情報システムの発表が頂点に輝いた。同社の取り組みについて、審査委員長の安部慶喜氏(アビームコンサルティング株式会社 執行役員 プリンシパル)は「既にロボット100体を稼働させていた時点で失敗を認め、新たなアイデアのもとで運用を構築し直した。続々と新技術が現れるデジタルの世界で『失敗は当たり前』と受け入れ、チャレンジを続けていく他社の模範になる」と評価した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。