メディア
特集
» 2018年08月10日 10時00分 公開

「時間本位」からの脱却。RPAでアップデートされる三菱重工の“企業文化進化論”

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

陸・海・空、さらに宇宙をフィールドに事業展開する三菱重工業株式会社(東京都港区)。幾多の国家プロジェクトを担い“日の丸を背負う”メーカーの代表格とされてきた同社は2014年度以降、海外売上高が国内を上回り、グローバル企業としての存在感も増している。そこで急務となっているのが、世界標準に合わせた「企業文化のアップデート」だ。

おりしも日本全国で「働き方改革」が叫ばれる中、財務部門を皮切りに始まった三菱重工の業務プロセス改革では、ソフトウエアに定型業務を代替させるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入。働く人と仕事の関係を見直す過程で、各国拠点を含むコーポレート部門全体の意識改革を目指しているという。

その先頭に立ち、「RPA DIGITAL WORLD 2018」(2018年7月4日に東京で開催)で登壇した同社 執行役員 グローバル財務部長の中山喜雄氏と、同社の業務改革を支援するアビームコンサルティング株式会社 戦略ビジネスユニット 執行役員 プリンシパルの安部慶喜氏に、取り組みの現況と背景、さらに今後の展望を取材した。

(右から)三菱重工業株式会社 執行役員 グローバル財務部長 中山喜雄氏、アビームコンサルティング株式会社 戦略ビジネスユニット 執行役員 プリンシパル 安部慶喜氏

年6万5,000時間をロボットで創出

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。