特集
» 2018年08月17日 10時00分 公開

RPA時代で変わる「次世代人事」のあり方とは――ビズリーチ・RPAテクノロジーズ共催セミナーレポート

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

“完全失業率3%割れ”の定着で、ビジネスの現場はいま、事実上の完全雇用状態にある。ハローワークの求職者1人あたりの求人数を示す有効求人倍率でも正社員が定常的に“1倍超え”するなど、空前の採用難時代を迎えている。

自社の未来にふさわしい人材を迎え入れながら、希少化した人的リソースの補完としてRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)をどう活用すべきか。多くの企業経営者、人事担当者が抱く疑問に答えるセミナー「RPA × HR Forum 2018」が、さる4月18日に都内で開催された。共催者である株式会社ビズリーチ、RPAテクノロジーズ株式会社によるセッションの模様をレポートする。

RPA時代に企業が採用すべき3つの人材像

この日のセッションには、ビズリーチから取締役キャリアカンパニーカンパニー長の多田洋祐氏が登壇。Webを基盤に人材サービスを展開するHRテック企業の視点から、採用と業務効率化の最新事情を解説した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。