特集
» 2018年10月22日 10時00分 公開

CRMの根底が変わる。AIアシスタント「Salesforce Einstein」で引き起こす生産性の底上げ(1/2 ページ)

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

「AI(人工知能)を活用できるインフラは整っていても、導入を進める人材がおらず、データも十分に収集・整理されていない」――。総務省がこのほど発表した「平成30年版情報通信白書」に掲載されている日・米・英・独4カ国の2,000社を対象にしたアンケート調査(2018年2〜3月実施)では、AIの活用にあたり他3国と異なる課題を抱えた日本企業の現状が浮き彫りとなっている。

出典:「平成 30年版情報通信白書」(総務省)

第3次AIブームに伴い、「AI」という言葉を見ない日はないというほど多くのメディアでも取り上げられ、企業内でも利活用できるのではないかといった期待が膨らんだ。しかし、AIを開発・実装できる人材や、データの中から有用な視点を見いだせる人材は希少で、速成は難しいことも課題として顕在化した経緯がある。

さらに、AIが学習・分析するデータを集めやすいフローに社内業務を見直すにも時間を要する、といった課題もでてきた。それでは、やはり第3次AIブームは今回もブームとして過ぎ去るのだろうか。

CRM(顧客関係管理)ツールで5年連続世界トップシェアを誇る米Salesforceは2016年、自社製品Salesforce Platformに新たに組み込んだAIアシスタント「Salesforce Einstein」を発表。このEinsteinが、AI活用の障壁となっていた人材不足やデータの分析・整理の課題を解消し、特別なスキルや知識がなくてもだれでも活用可能な“相棒”として、業務をアシストしてくれるという。

Einsteinを通じて私たちのビジネスにどのような変化をもたらしてくれるのか。Einsteinが誕生するまでの開発経緯、ユーザーの活用状況、今後の展開などを、株式会社セールスフォース・ドットコム(東京都千代田区)の担当者らに聞いた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。