特集
» 2019年07月11日 10時00分 公開

「1日10体」のロボット量産を実現する3つの仕組み――住友林業情報システムに聞く

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入が社内で軌道に乗りだし、胸をなで下ろしたのもつかの間。新たな課題として浮上してくるのが「どんなロボットが社内でいつ・何をしているのか」の把握だ。

別部署で開発済みと知らずにわざわざ同じロボットをつくるようなムダを避け、またロボットの“生みの親”が異動しても管理から漏れる“野良ロボット”が出ないよう、RPAの開発から運用、保守までの全社的なプロセスを効率的にまとめ上げる“マネジメントの仕組みづくり”は不可欠といえるだろう。

住友林業グループのIT部門としてシステム運用などを担う住友林業情報システム株式会社(千葉市美浜区)は、2015年からRPAを活用。現在「1日10体」という驚異的なペースでロボットを量産している。本稿では同社への取材をもとに、ここまで大規模な活用を可能にした独自の運用体制を支える3つの仕組みを紹介する。

■記事内目次

<目次>

1. 仕組みその1:画面遷移ごとにロボットを分割。開発成果は「部品化」で流用を容易に

2. 仕組みその2:変更の多い箇所をロボットの外で管理し、保守性を向上

3. 仕組みその3:RPAの推進と運用は、既存のITインフラを活用


仕組みその1:画面遷移ごとにロボットを分割。開発成果は「部品化」で流用を容易に

(左から)住友林業情報システム株式会社 ICTビジネスサービス部 シニアマネージャー成田裕一氏、同部 チーフ楠本正彦氏

独自の高度なロボット運用体系を確立し、社外からの視察も絶えない同社。取り組みを推進するのは、住友林業グループのデータ入力などを受託する「ICTビジネスサービス部」だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。