コラム
» 2021年08月11日 08時00分 公開

ハイブリッドワーク定着の裏で「オンサイト必須」従業員に課題 海外企業はどう対策?HR Dive

オンラインとオフラインを柔軟に使い分けるハイブリッドワークが企業に浸透した結果、浮き彫りになったのがオンサイト必須業務の従業員との分断だ。オンサイト必須業務をデジタルの文脈に持ち込みリモートを実現する方法を模索する企業はどんなチャレンジをしているでしょうか。複数の調査資料と海外の実務リーダーの声から打つべき対策が見えてきました。

[Roberto Torres,HR Dive]
HR Dive

 コロナ禍を経て働き方は大きく変わりました。これからの働き方はオンラインとオフラインを器用に行き来するものととらえるのは、いっけんすると簡単そうに見えます。しかし、一部の業務は、リモートワーカーとオンサイトワーカー間のシームレスな接続には適していません。

 発電所の仕事を考えてみると分かりやすいでしょう。安全要件が従業員のみならず地域の周辺住民の生死を左右するケースです。例えば、10マイル先に建設された化学プラントからの発煙の原因として、ネジがさびの兆候を示しているかどうかを検出するには、物理的な監視が必要で「現場に人員を配置する必要があります」とGE Digitalのシニアバイスプレジデント兼CTOのコリン・パリス氏は話します。

 マネジャーとのZoom会議の背景にネジのさびがあっても目立たないでしょう。これはハイブリッドワークのセットアップに制限があると考えるビジネスリーダーが参考にすべき問題です。

 ほとんどの企業は、2020年にテレワークのセットアップに関する短期的なプレッシャーを察知して対処しましたが、これは「火消し」に重点を置いたフェーズでした。現在、企業は長期的にハイブリッドワークモデルを形成するための障害に対処しています。

 一部の企業にとって、ハイブリッドワークは単に自宅とオフィスを行き来することを意味しており、従業員が場所を選択できるようにすることを意味しています。また、医療や建設、エンジニアリングなどの業界では、現場の作業員が遠隔地のマネージャーやオペレーターとシームレスに連携しなければならないこともあります。

 エンジニアリングおよび建設会社のBlack&VeatchのCIO、アービン・ビショップJr.氏は「従業員が適切なアプリケーションに常時接続して運用を維持できるようにしなければならない、とのプレッシャーは高まっている。ただし、テクノロジーの観点からするとホームネットワークや帯域幅を制御することはできないのです」と課題を説明します。

 調査会社Gartnerによると(注1)、ハイブリッドワークがどの分野に適しているかを考えた場合、ビジネスリーダーは従業員の57%が完全にリモートで作業でき、3分の2近くが少なくとも一部の時間はリモートで作業できると見積もっています。ハイブリッドワークが支配的なパターンとして浮上する一方で、労働力全体のの50〜60%でのみ可能だとGartnerは指摘しています。

 ハイブリッドワークの次の段階では、テクノロジーでは埋められないギャップが焦点となります。技術的なツールは、長期的な操作性への懸念を解消するのに役立ちますが、仕事の性質や技術スタックにシステムを追加することに課題がないわけではありません。従来は対面式で業務をこなしていた企業がテクノロジーの進歩の恩恵を受けているにもかかわらず、単純にハイブリッドワークが機能していない場合もあります。

エンジニアリング部門における根強いオンサイトの要求「リモートで管理はムリ」を疑う

 パンデミック後の時代に物理的な場所を管理する際の課題は、現場の作業員とリモートで洞察を提供できる専門家をどうスムーズに結び付けるかという点にあります。

 「1人の優秀なトップクラスのエンジニアが、新たに開設する工場群を飛び回るって支援することは不可能だ」とパリス氏は指摘します。この問題を解決するには「現場に人員を配置し、指導的なエンジニアの指示を仰ぐことになる」とパリス氏は言います。

 建設業界にとってテレワークのギャップが現場作業員とオペレーターの間でコミュニケーションの断絶を招くことは明らかです。少なくとも現時点では建物をZoomで構築することはできません。

 「建設管理業務を完全にリモートで実施する方法があるというのはばかげていると思う」と、StructionSiteのCEO兼共同創設者であるマット・デイリー氏はコメントします。デイリー氏の会社は、ユーザーが取り付けた360度カメラとAIテクノロジーを通じて、建設現場を監視するプラットフォームを開発しています。

 石膏ボードを取り付ける前の壁の監視などの作業はハイブリッドモデルに適している場合があるかもしれませんが、他のほとんどの作業は現場で手掛けなければなりません。

 「建物を稼働させる前に、バルブを物理的にテストして正しく動作していることを確認する作業をリモートでは実行し得ない」とデイリー氏は言います。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。