ニュース
» 2021年08月20日 07時00分 公開

iPhoneが“タダ乗りされる”ってどういうこと? AirTagを使った謎技術の真相:625th Lap

2021年4月にAppleは「AirTag」という、今までとは“毛色”の違う製品を発表した。このAirTagの仕組みを使ってAppleのネットワークに入りこめてしまう怪しい技術が開発されたという。

[キーマンズネット]

 2021年4月にAppleは「AirTag」を発表した。500円玉よりも小さい円盤形のもので、いわゆる「紛失防止タグ」と呼ばれる製品だ。発表当初は「Appleがちょっと変わったデバイスを送り出した」と注目を集めた。

 そうした中で、AirTagの仕組みを利用して、Appleのネットワークに入り込めてしまう技術が発見されたと話題になった。しかも、われわれの「iPhone」や「iPad」を踏み台に、“タダ乗り通信”してとのことだ。

 そもそもAppleのネットワークとは? そして、AirTagの仕組みを使った謎技術とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。